Azure Search ちょっとさわってみた

Azure Searchとは(公式のメールより)

Azure Search のパブリック プレビュー開始
多くのアプリケーションでは、ユーザーとの主なインタラクションのパターンとして検索が使用されています。Azure Search とはサービスとしての検索を提供するソリューションで、開発者およびクラウドの構築者は、複雑なフル テキスト検索について心配することなく、またインフラストラクチャの導入、維持、管理を行うことなく、Web やモバイル アプリケーションに複雑な検索機能を埋め込むことができます。Azure Search を使うと、開発者はアプリケーションでデータ検索の威力を発揮し、検索インデックスの管理と調整に関連した複雑さを軽減し、慣れ親しんだインターフェイスおよび一貫したプラットフォームですぐに利用を開始できます。
Azure Search は専用のスループットとストレージを含む統合可能なユニットで提供されており、開発者は費用効果の高い方法で検索機能を簡単に立ち上げて拡張できます。データ量またはスループットの需要の変化に応じて、それらのニーズを満たすために拡張した後、コストを削減するためにまた縮小することもできます。
Azure Search は Azure プレビュー ポータルからご利用いただけます。パブリック プレビューの期間中、Azure Search はサービスが利用可能なすべてのリージョンで割引料金でご利用いただけます。

だそうです。まぁ一言で言えばSearch as a Service。検索エンジンのサービスです。ただAzure Searchがクロールしてくれるわけではなくて、Indexにアプリなどからドキュメントを放り込みます。

公式サイトはこちら

あと、今回のサンプルでも使う.NETなツールがNuGetに公開されているのですが、そちらを作った人のBlogなどを参考に。

続きを読む

Azure Webサイトちょっと試したいだけだけどクレカいるの?

普通にMicrosoft Azureでお手軽にWebサイトちょっと試してみたいなぁ~!と思っても最初のサインアップ時にクレカ要求されて悲しい思いした人いませんか。

そんなあなたに朗報。なんとクレカなしでWebサイトをお試し作成できるサービスができました。

さすがWebサイトといえばDavid Ebbo先生です。

使い方は簡単。Microsoft アカウントを作成して(これはクレカいらずの無料)、以下のサイトへアクセス!

作成したい言語とテンプレートを選択して「Create」しましょう!

image

なんと!あっというまにWebサイトができました!

image

Gitで接続することもできるし、お手軽なのは「Edit with Visual Studio Online」のリンクからVisual Studio Onlineで操作する方法ですね。

image

こんな感じで編集できます。

image

Oh! 簡単!

こんな素晴らしいサービスがあるなんて~!

といいたいところですが、1点だけ注意事項が。

このサービスで作ったWebサイト、30分だけ有効なのです。

image

ちょっとテストしてたらすぐタイムアップですね。(ローカルで作って試した後、Gitでデプロイとかそうのなら有効活用できそう?)

まぁポータル見たり設定を変えたりはできないので、用途はだいぶ選ぶのですがWebサイトのお手軽さを是非簡単に体験してもらえたらと思います。

Windows 8以降のSysprep嵌りポイント

とかにもありますが、メンテナンスタスク走るとダメとか、ストアアプリが更新されてるとダメとか。

あとちょっと手順を間違って嵌ったのでそのログ載せておきます。(本来はこのケースにはならないはず)

前提:SysprepするPCで別ユーザー作っていろいろテストしてた → その後ユーザー削除してSysprepしようとしてる状況

続きを読む

Azure Redis CacheとHDInsight

HDInsightがやっと西日本DC(とUS中央)にきました。

やっとですね。日本まだだったので。

あと以前、西日本DCにはきてて東日本にもくれよー!って言ってたRedis Cacheもようやくきました。

これで安心して東西どちらでもRedis Cacheが使えます。さすが、しばやん先生ですね!

※Redis CacheそのものがまだPreviewだってことはさておき。

Azure PowerShell 0.8.6 で認証ダイアログが組織アカウント優先になってる

Azure PowerShell 0.8.6でMSアカウントと組織アカウントが同じメールアドレスの場合、Add-AzureAccountでMSアカウントのほうで認証しようとしても認証できないようです。

こまったちゃん。

0.8.5以前は以下のようにメアドいれると、それぞれ転送されててもしMSアカウントと組織アカウントがあるようだったら選択のダイアログが出ていました。

clip_image001[4]

clip_image001[6]

0.8.6だと組織アカウント優先のようで、

clip_image001[8]

選択の余地なし。もしCookieだか何だかよくわからないけど以前に管理ポータル等にサインインしたときの情報が残っていればキャンセルボタンからMSアカウントなりへの選択画面にうつれるのですが、、、

imageimage

先ほどの例みたいにキャンセルボタンもなければもうどうしようもなかったり。。。つらい。

一応、管理的にはAdd-AzureAccountを使わずにPublishSettingsファイルを使うとか(Import-AzurePublishSettingsFile)で管理はできそうですが。何のためのサインインダイアログなのだー

まぁ他にもCo-Adminするとかいろいろあるとは思いますが、なんだろう。パケットみるとちょっとだけOAuth2時のパラメータ違うのでその辺かなぁと思ってもどうしようもないですね。(AADのライブラリのバージョンによるのかな?謎)

とりあえずつたない英語でフィードバックだけはしておきました。

Azure 仮想マシン上のAD DSでディレクトリサービス復元モードする

タイトルの通り。やり方をひょんなことで知ったのでやってみました。

※ というか知識がWindows Server 2003で止まってるからナー。。

昔の知識だとブート時にF8押して~とかなんですが、いやいやbcdeditで既定のブートかえればいいじゃんという話でした。あとWindows Server 2008からかどうか知らないんですが、ディレクトリサービス復元モードでもRDP使えるみたいですね。

続きを読む

普通のあじゅらーが Windows 8.1 August Update を Windows Server 2012 R2にあててみた

でたみたい?

Windows Updateではマダっぽいですけどとりあえずインストールしてみたりしました。

さて同じUpdateがWindows Server 2012 R2でも適用できますが、どうもサーバーにいれると気になるメニューが増える模様。

image

管理ツール内にショートカットが増えたようです。

image

ちなみに以下のページへのただのリンクです。

image

まぁAzure BackupとかASRとか、サーバーOSもAzureと連携すると嬉しい機能が増えてきましたよアピールでしょうか?

役割・機能やコンパネなども見てみましたが他に変化はない様子でした。公式の詳細待ちですけど。。

第1回 クラウドデザインパターン勉強会

6月にでた「クラウドデザインパターン Azureを例としたクラウドアプリケーション設計の手引」を基にAzureに特化してない汎用的なクラウドデザインパターンに関する勉強会が7月30日にありました。

※自分は受付だったので、会の中身をあまり知らない

セッション資料と動画を置いておきますね。

Asynchronous Messaging入門 / 酒井 達明さん(ランドコンピュータ)

動画

https://www.youtube.com/watch?v=x-y5eTt9FhQ

※動画はMSの野村さんの紹介セッションが最初にあります

クラウドデザインパターンのコードを覗く / 近江 武一 さん (kyrt)

動画

https://www.youtube.com/watch?v=BMntxQ9FnPQ

第2回も8月20日に予定されているので是非どうぞ

Azure Storageの古いバージョンのAPIが削除されます

2008年に導入されたAzureストレージはその後いろいろな改良や機能追加があり、現在7つのバージョンのREST APIが提供されています。今回のアナウンスはその中の古いいくつかのバージョンの削除に関しての情報です。

詳細は上記リンクを見てもらうとして、ざっくり意訳というか適当に日本語にしてみました。ちゃんと知りたい人は原文みましょう。(自己責任で)

続きを読む