Azure Update (2016.05.18)

細々と。

Azure Backup / Azure Site Recovery / Recovery Service Vault

  • Azure BackupでARMのVM(VMv2)がサポートされました。VMのスナップショットなどもOK
  • Premium Storageを使ったVMの保護もPublic Previewです。
  • Azure Site Recovery now has a simplified experience plus support for ARM and CSP
  • Azure Active Directory

    • Azure AD内の証明書が5月23日に更新されます。ベストプラクティスにそってアプリ作ってたら問題ないはず(サムプリント決めうちとかしてないですよねという話)
  • #AzureAD now supports custom unique IDs in SAML tokens for gallery apps
  • SQL Database

    • Database Advisorな機能を実現したパフォーマンスダッシュボードがPortal上に実装されました。
    • 現在のパフォーマンス状況やレコメンド、自動的なチューニングに関する設定などまとまってみることができます。
  • General availability: Azure SQL Database elastic pools
    • Elastic PoolsがGAです

    SQL Data Warehouse

    • Azure AD認証のサポート、32K以上の大きな行と8K以上のデータ型サポート、トランザクションのセーフリミット、Visual Studioサポートの向上、T-SQLサポートなど
    • アーカイブデータ圧縮などもできます

    Azure Security Center

    • 様々な攻撃に関して検出したり分析できるAzure Security Centerの話ですね

    Media Analytics

    • Media ServicesのMedia Analyticsでモーション検出ができるようになりました。
  • Public preview: Media Analytics for Azure Media Services
    • そもそもやっとPublic Previewになったという話ですが。

    Virtual Machines

    Data Lake Analytics

    • U-SQLのUpdateやVisual StudioツールのUpdate、ポータル上の機能の拡張など

    Microsoft Cognitive Services

    • 誰が話しているかの識別や照合といったサービスがPublic Previewです。

    Azure Portal

    続きを読む

    Windows 10 のデバイスポータル

    Windows 10 のInsider PreviewにBuild 14342が本日リリースされました。

    細かな話はさておき、このビルドからちゃんとデバイスポータルが動作するようになりました。

    デバイスポータルというのは、Windows 10 IoT Coreが最初にお披露目したと思うのですがブラウザ経由でデバイスの状態を確認したり、アプリケーションをデプロイしたりといったユーティリティが提供されたWeb管理ツールです。

    image

    見たことある人もいますよね。実はこのデバイスポータルはWindows 10であればどのデバイスファミリーでも利用可能だったりします。
    例えばWindows 10 IoT CoreのほかにPhoneやXBox、HoloLensなどもそうですね。既定の設定(ポート)や設定方法についてはドキュメントを見ましょう。

    Windows 10のデスクトップで有効にするにはBuild 14342にあげてから設定→更新とセキュリティ→開発者向けを表示し、「デバイスポータルを有効にする」をオンにします。

    image

    認証は適宜設定しましょう。なお接続方法のところにリンクがありますがポート指定されてないのでクリックしても接続できません。

    Windows Developer Modeのパッケージがインストールされていることも確認しましょう。
    image

    なお実体はWeb Managementというサービスです。レジストリなどを弄った後はこのサービスを再起動しておくといいかもです。
    image

    さてDesktopの場合、接続するポートがランダムになってしまうので面倒くさいです。
    一応レジストリで固定化できるのでしておきましょう。

    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\WebManagement\Service

    にDWORD(32bit)でHttpPort、HttpsPortを作ってそれぞれポート番号を指定します。
    また動的なのをやめるために UseDynamicPorts を0に設定します。(設定後サービス再起動しましょう)

    例:
    image

    ※このあたりを参照 → Device Portal for Desktop

    接続してみると認証が有効な場合以下のような画面になります。

    image

    適当に設定してあげるともろもろアクセスできるようになりますので良しなに。
    image

    まぁそういう感じでざっくり管理がどのデバイスファミリーでも利用できるのは良いかもですね。

    Azure / Office 365 のカナダリージョンがGA

    前々からアナウンス・Private Previewが行われていたカナダリージョンがGAしました。

    image

    ケベックとトロントの2か所ですね。

    これで一般提供されているリージョンが24か所となりました。また今後の予定としては英国とドイツに追加して韓国も予定されているようですね。

    これでたぶん//build/で発表のあった通り30リージョンになるのかな?
    今後も楽しみです。

    Application GatewayでURLベースのルーティングを行う

    ということで、Application GatewayでURLベースのルーティングができるようになってました。
    以前はできてなかったのですが、いつの間にか(2月ぐらい?)できるようになったっぽいです。

    パスのルールを作ってマッチしたらそれぞれ指定したバックエンドプールに飛ばすという感じですね。

    url ルート

    Azure PowerShellでしか設定できなさそうなのがちょっと面倒ですけど。(後はARM)
    ルールに一致しない場合は既定のバックエンドプールに飛びます。
    例だと画像と動画(/image/* と /video/* をそれぞれのプールに飛ばす感じです)

    ※リダイレクトとは違うので使いどころはちゃんと考えましょう
    ※バックエンドプールは別に外部のIPアドレスでも構わないはずなので使いようによってはいろいろ面白そうではある

    … Traffic Managerとうまく統合してほしいなぁと思ったり。(あっちはGlobalで使えますけど)