おかえり、はやぶさ

いろんな思いも、情熱も、希望ももらった。分野は違えど技術者の端くれとして今度は与える側になりたい。いつか。

via DHJJ [Hatsune’s Journal Japan] blog

はやぶさ関連のエピソードはどれも興奮して泣きそうになるね。おいらは この記事「はやぶさよ還れ(その1)」(くねくね科学探検日記)を読んではやぶさを知ったにわかなんだけど、それでもいろんな思いをもらえたよ。

鹿野司さんの書くコラムは昔から好きで、ITやらに興味を持つきっかけになったようなものなんだけど、やっぱりウォッチしきれてなかったんだねぇ。だいぶもったいないかな。でもこれからでも遅くないよね。何するにしても。

※鹿野司さんのコラムの初見はMSXマガジンで連載してた人工知能うんちく話。この記事のおかげでスタートレックやら人工知能やらパソコン、PC、ITに興味持つようになりました。原点ですね。

 

まぁそんなわけでいつもの備忘録。

Azure 関連

TechEdのAzure関連セッションが一覧になってました。

ADFS 関連

  • クラウドや SaaS へのシングルサインオンを実現Windows Server 使い倒し塾
    • Windows Azure を含めたクラウドサービスで認証・認可をどうするかってのは、企業向けアプリでは非常に重要ですね。

      オープンな規格として WS-* や SAML 2.0 などありますが実装が大変なところを Windows Identity Foundation がまとめてくれます。

      インフラ側の仕掛けとしては Active Directory Federation Services (ADFS) 2.0 がいろいろ担ってくれます。

    • ということで以前から興味はある分野なんですが、要素技術の話とインフラ側の製品(ADFS)の話とフレームワーク(WIF)の話がいっぺんに頭に入ってくるもんだからまだ整理がつかず…
      用語も理解しなきゃだし、実際に試してみたいけど環境作んなきゃ(インフラ側もそうだしアプリ側もそうだし)で大変ですが今後のハイブリッド型や完全クラウド型でもこの部分は必須だと思うので、継続して見てみたいと思います。
  • ADFS Deployment Guide via shosuz

その他いろいろ

広告

おかえり、はやぶさ」への2件のフィードバック

  1. OData まとめページへのリンクを有難うございます。もっと注目されて良い領域だと思うのですが、日本では、いまいち盛り上がりませんね。。。

    • 基本部分といいますか、そういうところは軽視されがちなんでしょうか…
      興味を持たれるまでが大変なのはODataに限ったことじゃないですね。自分も気を付けようと思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中