Development Fabric を Windows Azure に近づけてみる (2)

前回の続きですが、前回の投降後に

SQL ServerのCOLLLATEをLatinにて用意すれば完璧? RT @kamebuchi: Development FabricをWindows #Azure に近づけてみる http://tinyurl.com/283cxgd#jazug  /@statemachine 

とのご意見を頂いたので、作った環境の SQL Server の照合順序等がどうなってるか調べてみました。

とは言ったものの、困ったことにおいらは SQL はあんまり詳しくないぞ…ということで、先駆者が居ましたのでそちらの内容を参考に致しました。

SQL Server 2008 R2 と SQL Azure のサーバー / データベースプロパティの比較  (SEの雑記)

上記Blogの投稿では日本語な SQL Server 2008 R2 と SQL Azure を比較されてます。ありがとうございます。助かります。

ということで、同じ SQL文で結果を見てみましょう。

お。 Collation が SQL_Latin1_General_CP1_CI_AS ですね。
上記のBlogの投稿では SQL Azure の Collation も SQL_Latin1_General_CP1_CI_AS だったので、照合順序的には同一な環境っぽいです。
サーバーのプロパティだけでなく、DBの照合順序も同じようです。

ちょっと照合順序変更したりしないといけないかなぁ~とドキドキだったのですが、英語版のSQL Server 2008 R2 Express (まぁ英語版ならどれでもでしょうけど)を英語OSにインストールしたら、SQL Azure と似た環境になりました。

よかったよかった(?)。

まとめ

英語環境で時刻をUTCにしたらそれっぽい環境が出来上がるみたい。

あとは検証だけでなく、Visual Studio から上手くこの環境を自動で使ったりできるとステキですね。是非チャレンジしてみてください。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中