Windows Azure + PHP

Windows Azure上でPHPを動作させる場合、以前ならphp-cgi.exeも一緒にアプリケーションに含めたりしてたと思います。

でもWindows Azure SDK 1.3以降ではスタートアップタスクも利用できるし、Full IIS機能が使えるのでPHPも含めてIIS+FastCGI+PHPな環境にしたいですよね。

ということでおなじみのWebPICmdLineを利用してPHPをインストールするスタートアップタスクです。

@echo off
sc config wuauserv start= demand
md "%~dp0appdata"
reg add  "hku\.default\software\microsoft\windows\currentversion\explorer\user shell folders" /v "Local AppData" /t REG_EXPAND_SZ /d "%~dp0appdata" /f
webpicmdline /Products: PHP53 /AcceptEula
webpicmdline /Products: wincache53 /AcceptEula
reg add "hku\.default\software\microsoft\windows\currentversion\explorer\user shell folders" /v "Local AppData" /t REG_EXPAND_SZ /d %%USERPROFILE%%\AppData\Local /f
net start w3svc

ついでにPHPのアクセラレータとしても利用できるWincacheも入れてます。
※WincacheをインストールするとどうもIISが止まるようなのでサービス開始のコマンドも入れてます。

後は以下のようにサービス定義ファイル(.csdef)でタスクを呼び出すようにします。
<Startup>
    <Task commandLine="InstallPHP.cmd"  executionContext="elevated" taskType="simple" />
</Startup>

これでアプリケーションの開発者は純粋にPHP部分だけに注力できますね。

ロールのエントリポイントも別途起こせるのと、CSPackを利用すれば大分Windows Azure固有の部分を減らせる=PHP開発者がすぐにWindows Azure アプリケーションを開発できるんじゃないかなーと思います。

参考: How to Configure IIS Components in Windows Azure (MSDN)

追記。Windows Azure Command-line Tools for PHPなるものがあるので、こんな苦労しなくてもいいかも知れませんね。\(^o^)/

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中