コマンドラインで頑張ってみた結果

自分用メモ。Webロール用。

set PATH=c:\Program Files\Windows Azure SDK\v1.4\bin;%PATH%

set PACKPATH="C:\temp\CSPack"
set CSDEF="deploypackage\ServiceDefinition.csdef"
set OUT=/out:deploypackage\sample.cspkg
set SITES=/sitePhysicalDirectories:RoleFiles;Web;%PACKPATH%\RoleFiles
set ROLE=/role:Web;%PACKPATH%\RoleFiles;bin\Role.dll /rolepropertiesFile:Web;deploypackage\role.txt

cd %PACKPATH%
cspack %CSDEF% %OUT% %SITES% %ROLE%

パスはこんな感じにしておいてください。

CSPack
├─DeployPackage
│      MakeDeploypackage.bat
│      role.txt
│      ServiceDefinition.csdef

└─RoleFiles
    │  Web.config
    └─bin
           startup.cmd
           role.dll

実行する場合はWindows Azure SDK Command Promptからやるのがいいです。
ただ下記の環境変数があれば普通のコマンドプロンプトでもいけそうですけどね。

ServiceHostingSDKInstallPath=C:\Program Files\Windows Azure SDK\v1.4\

ちなみにCSPackには隠された12番目の理論 コマンドライン引数 /noencrypt があります。
*.cspkgを証明書を使った暗号化しないのでCSPack関連のファイルだけ別PCに持って行ってパッケージングするときに便利。(SDKのインストールしたくない場合とか)
※でもまぁ非公式なので使わないほうがいいですね。

しかし綺麗なコマンドじゃないですな。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中