Windows Azure AppFabric Caching を使ってみる

ASP.NET Universal ProvidersおよびカスタムのHighPerformanceSessionStateProviderを見てきたわけですが、本命(?)のWindows Azure AppFabric Cachingだと、どんなもんなんでしょうか。

構成等は今までと同じで、Windows Azure AppFabric Cachingも同じエリア(東アジア)に作って試してみました。

※Azure AppFabric Cachingの使い方等は適当に検索で(
※アセンブリ追加してWeb.configにもろもろ追加+セッションプロバイダの変更をしただけです。(ちなみに今回はSSLなエンドポイントを使用)

↓結果

えらい早い ( ゚д゚) 12万セッションだだだっと作るのに3分ぐらい。

作りながら同じセッションで継続アクセスした場合はこんな感じ

削除処理とかはAzure AppFabric Caching側が面倒みるのでいつかわかりませんが、きちんと破棄されたりしているようです。

とまぁこんな感じでした。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中