Windows Azure サービス中断の話

2月29日に発生したWindows Azureサービス中断ですが、Microsoftから公式として以下のRCA(根本原因分析)が出ていました。

詳細はリンク元を見て頂くとして、やはり発端はうるう日(2月29日)に証明書を発行できなかったのが原因のようですね。有効期限1年の証明書発行に問題があると。(うるう日なので)

これだけならせいぜい新規のインスタンス起動が出来ない程度じゃ?と思ったんですがFabricController側への障害通知が繰り返し行き、本来ソフトウェアの問題のはずがハードウェアの問題と捉えられてどんどん影響範囲が広がって行ったみたいですね。

時系列でも解説されていますが、なるほどという感じです。共用型で自動化されたPaaSならではな印象もうけますが、、、

バグそのものは早期に修正されたみたいですが、更新の過程で2次停止も起こったあたりも興味深いです。それだけPaaSのインフラを管理するのは複雑で大変なのかというのがわかりますね。

ただ今後の対策なども明確になっているようですので、再発の防止とより良いサービスの提供を目指してもらえるといいかな~。

サポートについてはパンクっぽい様子だったようで、利用者から見ても改善の余地はあるかと思ってます。(スパイクに対応させるのは難しいと思いますけどね…さばき方の問題かな)

技術者目線だとなるほど、ですが利用者目線だともう少し違う説明をしないといけないんだろうなぁ。もうひと踏ん張りですね。

 

以下余談。

問題の発生当初は実はグロサミでWelcome Receptionまっただ中だったわけです。でそのパーティーのさなか某はうはう氏がノートPC広げてAzureの障害が~と日本の仕事の対応してたんですね。で症状を聞くにその場にいた抱き枕氏と「これって閏年(うるう日)だからじゃないのー?日本はもう29日だよね。こっち(PST)はまだ28日だし大事になってないし。つまり閏年なバグじゃね?」「まさかー。ねぇ」とか冗談で言ってたわけですがドンぴしゃとは…

で、その後自分が関わってるサービスもぐるぐる祭りが続いたりそれなりに大変だったわけで(おそらく2次停止のほうに巻き込まれた感じ)。まぁ大変といってもインフラの問題なので出来ることはReImageやら再デプロイ程度でぐるぐる祭りを眺めてる程度なんですが。

さて日本人的に気になるのは世間体ですかね。SLA99.95%に何を求めてるかわかりませんがやたら要求だけは厳しい日本の企業にはどう映るかな、という心配はあります。1秒でも止まったらアウトなミッションクリティカルなシステムだとそもそも99.95%で保証なしなんて論外でしょうし、そうじゃないなら、自社運用でも何でも好きなのコストかけてがんばって運用すればいいじゃないですかとか思いますが。。このあたり思考停止してベンダーになすりつけてるところ多い気がするので心配ですね。そんなことなければいいんですが。

サービスをうまく使うには利用者側も勉強しましょう。これは大変ですけどその見返りも当然あるわけで。そこをないがしろにしてたらうまく行かないと思いますよと昨今のSI業界にも通じるような思いがあったりなかったり。(とはいえどっちの言い分もある程度わかるのでなんともですけどね。)

どんどん本筋とそれてしまった感がありますが、今後の展開次第では本筋と違う話ばっかりになる可能性もあるのでそんなのは嫌だなというのだけわかって頂けると嬉しいです。

たぶん後半は言葉足らずで的外れな部分もあるでしょうけど、まいっか。

2012年3月13日追記

日本語公式サイトで翻訳された内容が公開されたので追記。公式発表は大事ですよね。ちゃんと根本原因分析ができて公開できるのは凄いことだと思いますよ…

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中