Azure Blob Storageのコンテナのパーミッションを変更する

小ネタです。Azure Storage Explorerだと出来なさそうだったのでPowerShellでサクッとAzure Blob Storageのコンテナのパーミッションを変更します。

  • Windows Azure PowerShell Cmdlets を利用するので、あらかじめインストールしておいてください。
  • 理屈的には大したことしてませんのでAzure SDKを使ったマネージコードでもできます。

Windows Azure PowerShell Cmdletsを起動して、Get-Containerコマンドでコンテナを取得します。

$container = Get-Container -StorageAccountName ***YourAzureStorageAccount*** -StorageAccountKey ***YourStorageKey***

 

取得できたらInstance(コンテナ)のGetPermission()メソッドを呼んで現在の権限を取得します。

$permission = $container[3].Instance.GetPermissions()

 

PublicAccessプロパティが現在の値です。(OffがPrivateコンテナ、ContanierがPublic Contanier、BlobがPublic Blobになります)

今現在はOffなのでPrivate(非公開)です。

image

image

このPublicAccessプロパティに”Container”等をセットし、Instanceプロパティ(コンテナ)のSetPermissions()メソッドを呼び出して設定を反映させます。

$permission.PublicAccess = "Container"
$container[3].Instance.SetPermissions($permission)

 

image

無事コンテナのアクセスレベルが変わりました。

image

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中