Meet the New Windows Azure

2012年6月8日は新しいWindows Azureと出会えた記念日ですね。

image

というわけで大本営発表きました!

ま、本命は今日の5時から始まる Meet Windows Azure の発表ですけどね!

その他もろもろ先行で発表されてる内容は既にさとうなおきさんが翻訳されてたりするのでそちらもどうぞ。

細かい更新内容はこちら → What’s New in Windows Azure

以下赤シャツBlogの名状しがたき個人的見解みたいなのです。

新しい管理ポータルとコマンドラインツール

既にいろいろ出てますが新しい管理ポータルが利用可能になりました。

新しい管理ポータルはSilverlightベースをやめてHTML5ベースで再構築されてます。つまるところ、Windows、Mac、Linux、モバイルを問わずいろいろ管理できるようになりました。

新しい機能としては従来の機能だけでなくダッシュボードとしてパフォーマンスの確認、簡単なコンフィグの修正、スケーリングが可能になりました。※但し現状はACSなどの管理ができませんけどね :)

簡単なモニタリングであればダッシュボードから見れるのがいいですね。

またRESTベースのWeb APIとして管理系APIはすべて提供されることになりました。また既に多数のOS向けにコマンドラインツールが提供されているので、管理タスクの自動化もOS問わずできるようになりました。もちろんApache2ライセンスのもとGitHubで公開されてます!

Virtual Machine

今までBetaだったVM RoleがWindows Azure Virtual Machinesとして新しくなりました。これがいわゆるWindows AzureのIaaS対応とか言われてたやつですね。

新しいVirtual MachinesではカスタムのVHDを使用した従来のVM Role的な利用以外にも組み込みのイメージを使った迅速な展開が可能です。

OpeneessでもありましたがLinux系(CentOS、OpenSUSE、SUSE Linux Enterprise、Ubuntu)がサポートされてます。Hyper-Vのテクノロジが駆使されてますね~

リモート管理は非Windowsの場合、SSHで行うことができます。おなじみですね。

Virtual Machinesでは追加のディスクを割り当てたりできますよ。つまり(ry

 

Web Sites

平たくいうとMS版のHerokuです。App Harborです。コードネーム”Antares”です。他と違うのはIIS上で動いてるということ。つまり.NETだけでなくPHPもNode.jsも動くよ!今まではなんだかんだ言ってインスタンス=サーバー単位で起動やら動作してたのでスケールするにもそれなりの時間を要してたり、デプロイに時間がかかったりしてました。新しいWindows Azure Web SitesではPaaSとして本当の意味でマルチテナントですぐにアプリを展開できるようになります。10秒で!

新規にWeb Siteを立ち上げることもできるし、ギャラリーからWordPressなど予め組み込まれたWeb Siteを利用することもできます。

※ちなみに今までのWeb Roleなどはそのまま。サービスとしての名称はWindows Azure Cloud Serviesになりました。(先月あたりの明細に書いてる名前がやっとつながりましたね!)

Web Siteは一般的な方法でWebアプリを展開できます。Git、TFS、FTP、WebDeploy!

Pushしたらすぐに終わるよ!

しかも10 Web Sitesまで無料だって(今だけかどうかはわからんけど)。

仕組み的には共有インスタンス上にWeb Siteが展開される感じです。

エラスティックにするためにインスタンスを予約しておくこともできます。

課金はもちろん時間単位。

Cloud Servicesと分散キャッシュ

これまでのWeb RoleやWorker Roleなどのホストサービス(Hosted Services)はCloud Servicesになりました。で、分散キャッシュ機能が追加。

分散キャッシュ

新しく追加された分散キャッシュ機能はWindows Server AppFabric Cache Server APIをサポートするだけでなく、memcachedプロトコルもサポートされます。PHP等OSS系のアプリからでも簡単に利用できますね。今まで苦労してMemcached構築してた手間がなくなるってもんです!

またよく見るとわかりますが、各インスタンスの空きメモリをうまく使う方法だけでなく、Worker Role上にキャッシュ専用インスタンスを構築することもできます。

 

新しいSDKとTools

今日、新しいSDKやToolsがリリースされてました。WebPlatform Installer 4.0からインストールすることもできるし、ダウンロードセンターやGitHubから取得することができます。

どれだけの言語サポートするんだって気もしますがOpennessはいいことだ!

Windows Azure SDK for .NET – June 2012で一番大きな変更点は分散キャッシュ機能がサポートされたことと、Visual Studio 2012 RCおよびVisual Studio 2012 Express for Webをサポートしたことですね。

これでOS問わず開発・管理することができるようになりました。

という感じで盛りだくさん、1回じゃ伝えきれない感じですが、細かいところはMeet Windows Azureを見ましょう!

それで、FlexibleでOpenでRock Solidな新しいWindows Azureを使って楽しいことしていきましょう!

Meet the New Windows Azure」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 新たなWindows Azureとの出会い « S/N Ratio (by SATO Naoki)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中