Now Available: New Services and Enhancements to Windows Azure

公式より抜粋というか名状しがたき(ry

いろいろ

  • VPN&Virtual Machines、Cache、Media ServicesはPreview Releaseです。利用規約はこちら

元ネタに記載のなかった事項として

    • MacからRDPでつながるようになった(らしい)
    • エンドポイントにInstanceInput(各インスタンスへダイレクトアクセス)が指定できるように

    • さらにEndpointのプロトコルにUDPが指定できるようになりました。

既存サービスの拡張:

  • SQL ReportingSLAもできて正式リリース。オンプレミスで使ってたようなレポートがクラウド上でブラウザやモバイル、PC問わずアクセスできます。詳細は→ here.
  • Caching—新しいキャッシュサービス。現時点ではPreview Releaseです。Worker Role上に専用のサービスとして構築するか、各インスタンス上にインメモリな分散キャッシュ機能を加えることができます(WebRoleなどのアプリケーションと共存)。詳細は→ here.
  • Storage—既存のジオレプリケーションに加え、データセンター内だけのレプリケーションも選択できるようになりました。他には異なるストレージアカウント間のBlobのコピーや、Table/Queueに共有アクセス署名(SAS)が使えるようになったり。詳細は→ here.
  • Compliance— Windows AzureのコアサービスについてSSAE 16 (SOC 1 Type 2) の監査レポートが有効になりました。→ Windows Azure Trust Center.

新しいサービス:

  • Windows Azure Virtual Machines— 以前のVM Role。今時点でPreviewです。VHDのアップロード等、On-Premiseからクラウド上にサーバーやサービスを持って行けます。たとえば既存のSQL ServerやSharePointVirtual等をクラウドに移したり、Windows ServeやLinuxのイメージも展開できます。Windows Azure側でもイメージのテンプレートが用意されていて、ギャラリーから選択できます。 選択できるイメージテンプレートは以下の通り。
    • Windows Server
      • Windows Server 2008 R2
      • Windows Server 2008 R2 with SQL Server 2012 Eval
      • Windows Server 2012 RC
    • Linux:
      • OpenSUSE 12.1
      • CentOS 6.2
      • Ubuntu 12.04
      • SUSE Linux Enterprise Server 11 SP2

Virtual Machinesは新しい管理ポータル(Preview)やPowerShell、Windows Azure SDK(2012年6月版)を使ってアクセスできる他、MacやLinux向けのコマンドラインツールも提供されました。

  • Windows Azure Virtual Network— On-PremiseなPCとのVPN接続は以前からWindows Azure Connectがありましたが、1対1接続のみでした。Windows Azure Virtual NetworkではVPNゲートウェイを使用してLan to LanのVPNをサポートします(Preview機能)。例えば仮想マシンのIPアドレス範囲を定義したり、サービス用のDNSサーバーを指定したりできます。またIPSecを使用して企業ネットワークと安全にVPNゲートウェイ経由でVPNを張ることができます。例えば
    • パブリッククラウドの仮想の拡張ネットワークを構築することで、社内データセンターを仮想的に拡張
    • Windows Azureに既存の(レガシーなのも含めて)アプリケーションやサービスを移行するためのネットワークを提供
    • クラウドとオンプレミスのネットワークをまたがったハイブリッドなアプリの実行

など。

※現時点ではCisco ASAシリーズやISR/ASR、Juniper SSG/ISG、SRX/Jなどの機器向けのコンフィグをダウンロードして構成を助けることができます。

  • Windows Azure Web Sites—高い伸縮性を持ったウェブサイトやアプリケーションを数クリックで展開できます。 (Preview機能)
    • .NETを使用したモダンなアプリケーションやnode.js、PHPからSQL Database(今まででいうところのSQL Azure)やMySQL(ClearDBの提供サービス)を利用できます。
    • FTPやGit、Team Foundation Service(TFS)、WebDeployなどを使用してアプリケーションを構築・展開できます。またWebMatrixと統合して簡単に編集も可能。バージョン管理機能を利用して簡単に以前のバージョンを展開することもできます。
    • Joomla!やDotNetNuke、Umbraco、Wordpressのように人気のあるオープンソースのWebアプリケーションを簡単にデプロイできます。

 

ツールの改善と言語サポート:

  • Windows Azure Management Portal (Preview)– 新管理ポータル(Preview)はシナリオベースのリッチなインターフェース、リアルタイムなモニタリング用のチャート、診断データ、アプリケーションのヘルスに関する通知・アラートの管理、簡単なデプロイや設定変更、モニタリングとトラブルシュートができます。新管理ポータルではCloud Services、Virtual Machines、Web Sites、Virtual Network、SQL DatabaseとStorageをサポートします。
  • New tools, language support, and SDK—Windows Azure SDK2012年6月版にはJavaやPHP、.NET、Python用のツールが提供されています(Pythonは今回から追加)。またMac・Linux向け、Windows向け両方にコマンドラインツールが提供されています。
    • Windows Azure SDK for .NET
      • EmulatorにおけるIS Expressサポートの追加 
      • EmulatorにおけるLocalDBサポートの追加 
      • 専用Cachingサーバー(WorkerRole)の追加 
        • Visual StudioでDedicated Caching (Preview) rolesとして追加されています
      • Storage、Service Bus、共有キャッシュのクライアントライブラリの更新
      • Visual StudioでのService Busサポート
    • Windows Azure SDK for Java
      • Tableストレージ用ライブラリのラッパーを追加
    • Windows Azure SDK for Node.js
      • サービスランタイムのクライアントライブラリを追加
    • Windows Azure SDK for PHP
      • 以下のサービスのクライアントライブラリを追加 
        • Storage (Tables, Queues & Blobs)
        • Service Bus
        • Service Runtime
      • PowerShellコマンドレットによるパッケージングなどのツールが追加
    • Windows Azure SDK for Python
      • Windows/Linux/Max向けのPowerShellコマンドレットとクライアントライブラリが追加
      • (Python web framework でポピュラーな)Djangoのサポート
      • PTVSでWindows AzureとDjangoのサポート http://pytools.codeplex.com
      • Linux/WindowsのVirtual Machies向けに(Win/Mac/Linuxクライアントからの)IPythonサポート

価格改定:

  • Preview期間のVirtual Machinesの価格.  Previewの期間はWindows Server とLinuxは時間あたりXS:1.14円、S:7円、M:13.99円、L:27.98円、XL:55.95円 
  • Preview期間のSQL Server仮想マシンの価格.  プレビュー期間中、M 以上のサイズのインスタンスでは、Windows 仮想マシンと、イメージ ギャラリーからの SQL Server 2012 Evaluation のコピーを配置することもできます。SQL Server 2012 Enterprise の機能を使用するには、SQL Server 2012 Evaluation を L または XL の Windows Azure Virtual Machinesに配置する必要があります。SQL Server 2012 の評価版のコピーには費用はかかりませんが、上記のVirtual Machinesの料金が課金されます。
  • Graduated Pricing for Storage, CDN, and Network Egress.  Customers using these services will automatically see their costs go down as their usage volume increases There is no need to do anything special, if you are a Pay As You Go customer, you will receive this benefit automatically. 
  • Locally Redundant Storage.  地理的な冗長化(ジオレプリケーション)ではなく新しく追加されたデータセンター内のローカルなストレージの冗長化はジオレプリケーションに比べて33%ほどコストダウンすることができます。的な。
  • Price reduction for Storage and CDN transactions.  ストレージとCDNに対するトランザクションの課金が10,000トランザクションに対し$0.01ドルだったのが100,000トランザクションに対し$0.01ドルになりました。つまり90%コスト削減。

その他価格の詳細は here とか こちら

可用性の拡張

  • Availability in New Countries— Windows Azureは新しくロシア、韓国、台湾、トルコ、エジプト、南アフリカ、ウクライナを含む48か国の顧客に展開されます。ロールアウト後は89か国と19の現地通貨でWindows Azureが利用可能になります。(今月後半に完了予定?)
広告

Now Available: New Services and Enhancements to Windows Azure」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 6月入っていろいろ更新: Roslyn, TFS Preview, Windows Azure « ++C++; // 未確認飛行 C ブログ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中