ExcelとFiddler使ってTable Storageを視覚化しよう

スバラシイエントリがあったので紹介します。

Windows AzureのTable Storageは便利ですが、視覚化するのはちょっと不便ですね。Visual StudioとかAzure Storage Explorerとか使えば見れますが、普通のオフィスワーカーにはつらいところです。

やっぱりそこはExcelだよね!というところですが、普通にExcel(+PowerPivot)だとTableにアクセスする際の認証を超えることができません。なので、今回のアプローチとしてはFiddlerで認証を中継してExcel PowerPivotでのアクセス時に認証をパスしよう!という感じです。

用意するものとしてExcelはまぁいいとして、まずFiddler2を入れておきましょう。そのあと元サイトからリンクされているFiddler2用のAzure認証プラグインを \Program Files (x86)\Fiddler2\Scriptsフォルダに保存します。

※ダウンロードしたアセンブリはブロックされてる場合があるので、ブロックを解除しておきましょう。

image

Fiddlerを起動するとToolsメニューにAzure Authとあるので、そこからアクセスするTableのアカウント名とキーを入力します。

image

image

後はExcelからODataデータフィードからデータを取得するようにします。

image

データフィードの場所は http://<あなたのTable&gt;.table.core.windows.net/<見たいテーブル名>() となります。

image

 

例: http://hogehoge.table.core.windows.net/WADDiagnosticInfrastructureLogsTable()

※FIddlerがちゃんとCaputure状態でないとダメです。

※うまくいかない場合はIEの設定をこちらの記事を参考に変えておきましょう。

image

うまくいくと接続先が見れるはずです。

image

 

image

後は適当にしてウィザードを終了しましょう。

image

無事Excelで見えましたか?

後はPivotにするもよしお好きなように加工して使いましょう!

データ更新時はFiddlerを起動したりしないといけないとかありますが、取得後はExcelの世界でどうとでもできるのでだいぶ使い勝手がいいと思います!

※後はデータ件数と取得にかかる時間次第かなぁ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中