Windows Azureのホスト名

以前、ロール間通信の話をちょっと書きましたが、なんかもっと簡単にできそうでした。(クラウドサービスが対象です)

Windows Azureのクラウドサービス上で稼働するインスタンスのホスト名は伝統的なピンクぷーどrではなくRedDogの頭文字、RDで始まるランダムなもので、よくわかりませんでした。

ですが、サービス設定ファイル(*.cscfg)のRole要素でvmName属性を使用すると、指定した名前+連番でインスタンスを設定してくれるようです。

サービス設定ファイルの例↓

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<ServiceConfiguration serviceName="WindowsAzure18_45" xmlns="http://schemas.microsoft.com/ServiceHosting/2008/10/ServiceConfiguration" osFamily="3" osVersion="*" schemaVersion="2012-10.1.8">
  <Role name="MvcWebRole1" vmName="KOSMOS">
    <Instances count="3" />
    <ConfigurationSettings>

以下略 

ほうほう。実際にデプロイしてみましょう。

おお、確かにホスト名がvmNameで指定したもの+連番(ゼロオリジン)です!

ちなみにDNSサフィックスは

02158fc001144d09bf43a37f3660d936.penguindrum.3216464207.asiaeast.internal.cloudapp.net

となってますね。

最初の赤字部分はデプロイID、次の青字部分はクラウドサービスの名前です。asiaeastは配置場所(DC)、internal.cloudapp.netはまぁ固定でクラウドサービスの内部って意味でしょうけど、1つよくわからないのがありますね~。普通に考えるとDC内の何かの(たぶん論理)単位ですね。まぁ自身のDNSサフィックス調べれば生成する必要ないのであまり意味はありませんが。

もちろんクラウドサービス内で有効なだけですけど、ちゃんと名前解決もできる=ポートさえ空いていれば通信ができます。

image

これでHOSTSを弄ったり、変なEndpoint定義したりしなくてもいいですね!!

ちなみに、このvmName属性はSDK1.7以降で使えるようです。いろいろ増えてるんだなぁ~。

参考

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中