Windows Azure上でVisual Studio 2013 Previewを試す

検証のお手軽さでいえばクラウドはかなり便利です。

という感じでWindows Azure上では仮想マシンのギャラリーにすでに検証に使える元イメージがあったり。

image

作成してから10分ぐらい待てば最新のVisual Studio 2013 Previewがさわれるぜ\ノ’∀ン ヒャッホウ

でもですね。でも!

このイメージ、OSはWindows Server 2012なんですよね。全然ダメ!

というわけで、このイメージ使うよりは同じようにWindows Server 2012 R2 Previewなイメージを使って、その後普通にVisual Studio 2013 Previewを入れたほうがなんぼかマシな気がします。

image

以下1からWindows Server 2012 R2 Preview上にVisual Studio 2013 Previewを入れる際の注意点。

1. Desktop Experienceを入れよう

image

Server Managerからさくっと入れておきましょう。これがないとWindows Storeアプリの開発に必要なデベロッパーライセンスのアクティベーションができません。

2. ユーザーアカウントを作成する

Windows Azure 仮想マシン作成時に指定するアカウントはビルトインのAdministrator扱いになります。このユーザーでWindows Store アプリを実行したりしようとするとアプリが起動しないので、追加でAdministratorsなグループに所属する別ユーザーを作りましょう。普段はそちらを使えばいいです。

あとはお好みでどうぞ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中