旧管理ポータルもそろそろお役御免か?

新しい Windows Azure 管理ポータルで、Windows Azure のホステッド サービス、ストレージ アカウント、データベース、データ同期、レポート、Service Bus、Access Control、および Azure Connect の管理機能を利用できるようになりました。Windows Azure の Traffic Manager、CDN、およびキャッシュ管理機能は、新しい Windows Azure 管理ポータルで数か月以内に利用できるようになります。これらの管理機能が利用できるようになった後、この夏に Silverlight ポータルは使用が停止されます。その時点で、Silverlight ポータルを使用して Windows Azure の資産を管理できなくなりますので、管理には新しいポータルを使用してください。

ということらしい。夏にはAzure Connectも終了するので、新ポータルで完全にOKになるのは夏なのかな?w

Windows Azure Connect CTPはというと

Windows Azure Connect は今年の夏に使用が中止されるため、Windows Azure Connect 機能はこのポータルから削除されます。その時点で、Windows Azure Connect は使用できなくなります。すぐに仮想ネットワークに移行してください。仮想ネットワークの管理作業は、新しい Windows Azure 管理ポータルで行うことができます。

とのこと。まぁもうつながってないっぽいので実質使えない気も。。。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中