Azure Hyper-V Recovery ManagerがGAした件

先日のAzureでUpdateもろもろあったよPostですっかりHyper-V Recovery Managerの部分を忘れてた気がするので補足です。

というより、さとうなおき先生と山市良のえぬなんとかわーるどさんが詳しく書かれているのでそちらを参照ください(

以下引用

Hyper-V Recovery Managerの主な利点

Hyper-V Recovery Managerは、他の災害復旧ソリューションと差別化する、次の主な利点を提供します:

  • 単純な設定と構成: HRMは、多数のHyper-Vホスト、仮想マシン、データセンターにわたる構成/管理作業を劇的に簡素化します。
  • 自動化された保護: HRMは、継続的なVMのレプリケーションを提供するためにWindows ServerとSystem Centerの機能を活用し、VMのライフサイクル全体にわたって保護を保証します。
  • リモート監視: HRMは、どこからでもアクセス可能なリモート監視とDR (災害復旧) 管理サービスを提供するために、Windows Azureのパワーとリーチを活用します。
  • 調整された復旧: 復旧計画は、異なるアプリケーション層のフェールオーバーとスクリプトや手動操作でのカスタマイズを順序付けることで、自動化されたDR調整を可能にします。
新しい改善

Hyper-V Recovery Managerサービスは、10月の初期プレビュー以降、いくつかの素晴らしい改善で拡張されています:

  • 改善されたフェールバックのサポート: 障害後にプライマリ ホスト クラスターが再構築されたシナリオでの、フェールバックのサポートが改善されました。
  • Kerberosベースの認証のサポート: クラウド構成で、Hyper-Vレプリカに対してKerberosベースの認証を選択できるようになりました。これは、お客様がサード パーティーのWAN最適化/圧縮を使いたく、プライマリ/セカンダリ サイト間のAD信頼関係が利用可能なシナリオで便利です。
  • VMM 2012 SP1からVMM 2012 R2へのアップグレードのサポート: HRMサービスが、VMM 2012 SP1からVMM 2012 R2へのアップグレードをサポートするようになりました。
  • 改善されたスケール: より良いスケールをサポートするために、UIとサービスが拡張されました。

Hyper-V Recovery Managerのさらなる情報については、Windows AzureのWebサイトにアクセスしてください。また、追加の製品ドキュメント (英語 / 日本語 (機械翻訳))を参照できます。追加情報のためにMSDNのHRMフォーラム (英語 / 日本語 (機械翻訳))にアクセスし、他のお客様と関わることができます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中