//build/ 2014 Day 2 Keynote (Azure成分多め)

というわけで昨日に引き続き//buid/ 2014 Day2 Keynoteです。

今日は赤シャツ氏無双のはず!

image

image

ということでしょっぱなから赤シャツ氏登壇でCloudだぜ!

image

今年は日本や中国も増えたし、今後オーストラリアやブラジルも予定されてます。

沢山成長してます。

image

Taitan Fallも裏はAzureですよ。

image

それからソチ五輪も配信に使われてました。

image

image

NBC Sports DigtalのRick氏とソチ五輪の事例について紹介。

動画配信はここ数年大きなイベントでやってますね。前回の五輪もそうでしたねそういえば。

image

いよいよ詳細へ。まずは仮想マシン。

image

Visual Studioから仮想マシンが作ったりできるようになります。他のWebサイトなどと同じように管理やRDPへ接続、リモートでバッギングなどできます。

image

Mark るしのびっち氏がデモ(ProcessExplorer開発した人だったんですね。知らなかった)。簡単にデバッグもできるし、VM上のプロセス一覧なんかも見れます。デモの中ではSave-AzureVMIamgeなどで稼働させたままキャプチャしたりもしていました!

image

image

image

 

お次はPuppet/Chef、PowerShellを使って仮想マシンのデプロイや管理を簡単に。

image

image

仮想マシンの作成WizardでPuppet msterも簡単に作れるし、Agentもクリックひとつでインストールできます。

image

image

 

そのままPuppet LabsのLuke氏から詳細を説明。

image

image

Puppet Enterprise Consoleでいろいろ見れます。

image

Getty Images(写真の配信会社)からのお話。Puppetユーザーからのお話でした。

AzureのIaaS周りをまとめるとこんな感じのUpdateがありました。(既に実装されてたのもありますね)

image

次はPaaS。

image

WebサイトでJavaもサポートするよ!

image

AutoscaleがGA!!

image

Stagingも既にきてますね。

image

WebJobsもきてますね。

image

TrafficManagerも最近対応しました。

image

続いてVisual StudioでのデモをMads氏が。

image

ASP.NET Webアプリケーション作成時にAzure上に置くかどうか聞かれる。

image

Web Essentials周りのUpdateがすごいですね。

image

そしてWebサイト周りのまとめの中に突然のCDNがGA。

image

次はMobile Services。

image

node.jsだけじゃなくて.NETでもバックエンドが作成できるようになってます。

image

バックエンドのDBも選べるし

image

Azure Active Directoryも使える。

image

Office 365のAPIもさわれるよ!

image

image

というわけでYavor氏がデモ。

テンプレートから.NETでMobile Servicesのバックエンドを簡単に作れます。(Web APIですね)

image

Office 365 API連携の強化でSharePointへのアクセスも簡単に。

image

Xamarin使えばMac上でも動きます。

次はAzure Active Directory。オンプレのActive Directoryと同期をとって認証連携など。トークン取得すればどちらのアプリでもアクセスできます。Office 365 APIとの統合もばっちりなのでエンタープライズ向きですね。

image

image

image

デモはDocuSignのGrant氏から。

image

EnterpriseなID使って認証してSharePoint上のファイルに電子署名するというデモでした。

image

突然のObjective-C。

image

という感じでした。

image

ひっそりと通知ハブにKindleサポートが入ってますね。。Offline Data Syncも面白そうです。

次はDataまわり。ということでSQL Databaseの拡張が。

まずは最大500GBとSLA 99.95%!

image

そして長らくまったPoint in time RecoveryことSelf service restoreが!

image

image

くる・・・らしいです。これでどの時点のデータでも簡単に戻せるようになりそうですね。DBサイズといいPremiumな機能な気がしないでもないですが。。

あとDCをまたいだ(ジオをまたいだ)複製ができるようになるようです。

image

image

読み取り側への切り替えは自動っぽいです。同一リージョン内でも欲しいですね。(SQL Server AlwaysOn使えという話かな)

というわけでDataのまとめ

image

Hadoop 2.2に対応は少し前に来ましたが、YARNもサポートしたようですね。

 

お次の.NETやRoslyn話はAnders Hejlsberg氏から。

image

image

コンパイラの刷新ということでRoslynです!

そしてRoslynがAnders氏の手によってその場でぽちっとOSSに!にくい演出ですね。

image

https://roslyn.codeplex.com/

デモではその場でRoslynを書き換えて(コンパイラ弄って)文字列リテラル変えた!w

XamarinからはMiguelがC#Tシャツきて登壇。

image

さっきのデモを引き継いでMonoのコンパイラーをRoslynにするとXamarin Studioでもさっきのデモの結果になるよ!(コンパイラの変更が反映されてるよ!)

次は.NET Foundationを設立しましたという話。

image

Microsoftも、というか.NETまわりもオープンソース化が広がってきました。ということでそのあたりをまとめたサイトなようです。

このあたりはきっとC#でggrと1番目か2番目にHitする人が詳しく解説してくれると思います。

そしてAzureの新管理ポータル!

は、ちょっと長いので別Postで。

まとめると

image

ひっそりとVisual Studio OnlineがGAしてました。

さぁ今すぐアクセス!

image

http://azure.microsoft.com/

最後はIoTやデバイス、その他いろいろ。

image

image

GuggsとShewが掛け合いでデモしてくれます。

いろんなデベロッパーたちと対話しよう、というコンセプト

image

クラウド、LOB、ゲーム、Web、Device、などなど

担当分野をまたがって対応することが増えましたしね。

でも共通する部分はそんなに変わらない

image

これらも提供していきますよ。

image

Office 365のAPIはそのあたり堅牢な例。

IoTだったり

image

image

image

image

デバイスだったり

image

グラフィックも裏でレンダリングしたりJSでWebGLだったり

image

これは http://babylonjs.com/ ですね。Oculusもでてきてました。

オフライン時も考慮してIndexDbを使ってキャッシュ利用したり。デバイス間の違いは#ifdefとか。

ちょっと時系列ずれますがVB6からC#なWebアプリにコンバートしたり。

image

mobilize.net というのを使ってるようです。

image

これスマフォでも動くんだぜ・・・・

 

という感じで(少し飛ばしたのもありますが)、既存資産を継承・活用したり、クロスプラットフォームや分野を超えてよくしていこう!というメッセージだったように思います。

Day1,Day2まとめるとクロスプラットフォーム、OSS、既存資産の活用という方針で、クラウドやその他のアップデート、新技術などはこれらの為の土台っていうことがよくわかる感じです。

というわけでとりあえず2日間Keynoteだけでしたがお疲れ様でした。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中