TechEd North America 2014 Day 1 Keynote

というわけで今年もTechEdな季節です。毎度のことながらAzure絡み中心でPickupしたいと思います。

既にAPI Managementだったり、RemoteAppとかIaaSのほうでいろいろアップデートがちょろちょろ出てますので今回も期待できそうです。

ストリーミングなどはこちらから。

image

進行・メインスピーカーはBrad Anderson。

組み込みやらIoTってことでデバイスは今後むっちゃ伸びるでしょう

image

ということで時代はMobile First + Cloud First。今回のコンセプト。

image

とはいっても企業ユーザーもいればオンプレミスもあるわけです。今回のTechEdではそんな人たちに向けてもアップデートが沢山。クラウドってインターネットだけじゃない!

image

image

ハイブリッドで、すっごくスケールして実績のある企業内とのハイブリッドが今後の主流?

image

AzureとクラウドOSなネットワークとWindows Serverをマップするともうワールドワイド。

image

インフラ、アプリ、ビジネス継続性といったエッセンスというかクラウド文化をハイブリッドで企業内へ。

image

新機能も盛りだくさんです。特にネットワーク周りでよりHybridな構成ができるようにアップデートがきました。

image

アプリケーションとしてはAzure Redis Cache!とかAPI Management(元Apiphany)などなど。

image

というわけでJoshからAPI Managementのデモ。

image

image

Web APIを管理するための機能です。自分でAPI作って公開してヘルプページも作って、監視もして・・・って大変ですよね。そのあたりをAPI Management使うことで負担を減らしてWeb APIの開発に注力することができます。きっとみそ先生が詳細を・・・

image

お次はビジネス継続性。仮想マシンにANtimalwareな拡張機能が増えたり、Office 365向けOneDriveで暗号化ストレージが使えたり。

image

MattからはSite Recoveryのデモと説明。Site Recoveryは平たく言うとHyper-Vのレプリカ先にAzure 仮想マシンを選択できる機能です。

もともとHyper-V Recovery Managerは障害時にオンプレのHyper-Vの仮想マシンを別拠点のHyper-Vに移したりすることができました。で、今日のUpdateで別拠点だけでなくAzure上にも移すことができるようになりました。

image

image

これでDRもばっちりですね。

さて次はモバイル周り。

image

image

モバイルのニーズはいろいろありますね。ID管理にデバイス・アプリケーション管理、情報保護。。

image

ということでEnterprise Mobility Suiteなわけです。キモはAzure AD PremiumとAzure RMS、Windows Intune。

image

そしてAzure RemoteApp。

image

AdamからはCloud App Discoveryのデモと説明。

image

企業内のクラウドなアプリケーションをまとめて管理したり、ユーザーのダッシュボード的に利用できます。

次はAzure RemoteApp。これはそのままRemoteAppのホスト先がAzureな感じですね。

image

次はDeveloper向け。//build/でも見た内容が多そうなので割愛。あ、Visual Studio 2013 Update2がRTWしました。

image

image

image

image

大きいのはVisual Studioサポートですかね。このあたりは既にいろいろな人が書かれてたかと思います。

あと別名PhoneGapことApache Cordovaがきました。

 

image

そしてASP.NET vNEXT

image

Brianからそのあたりのお話を少し。

image

で、ビルド、テスト、もろもろといえばVisual Studio Onlineですね。UpdateとしてはVisual Studio OnlineをさわれるOpen APIができました!

image

というわけでRichard(uservoiceのCEO)がVisual Studio OnlineにAPI経由でタスク作ったりするデモしてました。

最後にユーザー視点。ユーザー同士のつながりもあればもちろんデータはあるし、解析は何かしらいるよね。

image

image

ということでEronがPowerQueryやPowerBIについてデモ&説明。

image

Excelからデータをちょいっと引っ張ってきて

image

image

HDInsightと絡めてBlob上のデータとマージして

image

マップ上で視覚化、というのを簡単にやってました。PowerQuery&PowerBI!

Officeは人のつながりを簡単に引っ張ってくるということでOffice Graphを。

image

 

image

JuliaからはOffice for iPadとかOffice 365まわりのアップデートを。

image

SharePoint Onlineのドキュメントライブラリって、D&Dできたんですね。しらなかった。

image

Word Onlineで共同編集。

image

そしてYammerに簡単にPush。

Oslo(Office Graph)では過去の投稿を探したりつながりを見たりできます。

image

image

もちろんOffice for iPadでもWordを編集したり。OutlookもiPad版でたっぽい?

image

というわけでEnterprise Mobility Platformですよ!と。

 

Deepなブレイクアウトセッションが楽しみですが、Keynoteはこんな感じでした。エキサイティングな内容が多かったですね!

でAzureさんですが、Keynoteで触れられていない機能もものすごくあるので別でまとめたいと思います(死

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中