ASP.NETとTypeScript

なんとなくJavaScriptもちゃんと触りたいと思ってTypeScript本読んだりしてました。

ほんとはUI周りでFlagrateを使いたいからという理由で、じゃぁどうせJavaScriptするならTypeScriptかなーと。でも鯖側はまだ慣れてるC#で書きたいし…ということでASP.NETなプロジェクトとどう共存しようというのを見てみました。たぶん何そんなの基本だろ的な感じだと思われますが。

結論から先に書くと、普通にASP.NETなWebアプリケーションのプロジェクトをVisual Studio 2013 (Update2)で作ると何も考えずに使えました。

Scriptsフォルダとかに新しい項目の追加でTypeScriptファイルを選んで

image

ごりごり書いて

image

さくっと読み込むだけです。

image

参照先はTypeScriptファイルのコンパイル後(= ファイル名.js)です。

これだけ。簡単!

ビルドアクションがTypeScriptCompileになってるから自動的に.js と .js.map が生成されます!

image

何も意識するところなかったですね。

あとこのまま例えばAzure Webサイトとかに発行すると

image

ちゃんと.jsだけが吐き出されます。うれしい。

圧縮とかは好きにすればいいんじゃないでしょうか。

これで安心してJavaScriptが書けます!たぶん!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中