Azure Redis CacheのGAと値下げ

いろいろアップデートが続きますね。

  • General Availability: Azure Redis Cache
    • Cache Pricing Details
    • Redis CacheがGAしました。
    • メモリ量に応じてC0~C6(250MB~53GB)が用意されたのと、主に開発用のシングルノードキャッシュなBasicとSLA付き2ノード(Primary/Secondary)レプリカキャッシュのStandardプランがあります。
    • 価格は11月からかわる・・・みたいな表なんですけど、パッと見かわらないですね。表のバグ?
  • 価格改定
    • Backup、BizTalk Service、Cache、CDN、データ転送、ExpressRoute、Media Services、Mobile Services、マルチファクタ認証、リザーブドIPアドレス、スケジューラー、SQL Server for VM、ストレージトランザクション、TrafficeManage、VPNゲートウェイが対象
    • モバイルサービスなんかは30%オフとかかなり安くなりました
    • Azure pricing updates
  • Webサイトのホストのアップデート
    • Webサイト大人気なようで、どのホストでもStandard VMに移行しやすいようにスケールユニットを移行するようです。
    • 期間:2014年 9月 29 日から10月2日
    • 同一データセンター内で移行
    • コンテンツ等に変化はなし
    • 作業期間中、管理タスクは制限される場合あり
    • 移行後、発行プロファイルが変わるようです
    • FTPサイトの変更やWebデプロイ用の発行プロファイルは更新する必要があるようです(注意!)
  • bash脆弱性の話
    • CentOS 6.5でsudo yum update bash とかしときましょう

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中