Azure Virtual Network Gatewayの改善

元ネタ:Azure Virtual Network Gateway Improvements

TechEd Europe 2014で仮想ネットワークゲートウェイの改善が発表されました。

  • ハイパフォーマンスなゲートウェイSKU
  • 仮想ネットワークゲートウェイに関する操作ログの保存
  • PFS(Perfect Forward Secrecy:前方秘匿性/将来に向けての機密保護)のサポート
  • 暗号化しないS2Sトンネルのサポート

ハイパフォーマンスなゲートウェイSKU

これまでのゲートウェイとの違いは以下の表のような感じです(これまでがDefault)

SKU ExpressRouteスループット S2S VPNスループット S2S最大トンネル数
Default ~ 500 Mbps ~ 80 Mbps 10
High Performance ~ 1000 Mbps ~ 200 Mbps 30

ちなみにお値段も少し違います。(1時間あたり0.49ドル) データ転送料などは同じ。

制限としては静的ルーティングゲートウェイは未サポートで、動的ルーティングゲートウェイとExpressRouteのときだけ使えます。

新規に作ることもできるし、既存のゲートウェイを変更することも可能です。

作り方

新規の時はNew-AzureVNetGatewayコマンドレット(Azure PowerShell)等で –GatewaySKU に指定するだけです。

New-AzureVNetGateway -VNetName MyAzureVNet -GatewayType DynamicRouting -GatewaySKU HighPerformance

HighPerformance か Default を指定します。

既存の変更方法

Resize-AzureVNetGateway コマンドレットで変更します。

Resize-AzureVNetGateway -VNetName MyAzureVNet -GatewaySKU HighPerformance

操作ログ

ゲートウェイの作成や削除、ExpressRouteのサーキット作成・削除・サーキットリンクの認証や作成・削除・BGPセッションの作成・削除・アップデートなどが管理ポータルの操作ログに出力されます。

PFSサポート

PFSはややこしいけど秘密鍵と公開鍵などが漏れてもセッションの機密は保たれる(セッションキーを別で生成するので安全)みたいな鍵交換の方式です。

で、この方式をサポートするので対応する機器であればより安全なセッションを張ることができるでしょうたぶん。

※IPSec(と他一部プロトコル)ぐらいしかサポートしてないので、S2S (VNET to VNET)のみサポートです

暗号化なしS2Sトンネルのサポート

S2Sの接続をする際に、暗号化せずに接続することができるようになりました。一般的にAzure上のVNET同士を接続する場合は比較的安全(盗聴される可能性が一般的なインターネット経由よりかなり低いという意味)なので、パケットの暗号化をしないことでスループットを上げることが可能です。

※On-Premiseとの接続などの場合はやめましょう

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中