同期環境下のOffice 365でExchange属性を弄りたい

あるよね。そういうこと。

オンプレに

  • Active Directoryドメインはある
  • Exchange Serverはない。過去も含めてない。
  • Active Directory SyncとかでOffice 365とアカウントを同期させてる

という環境があるとします。

※ちなみにオンプレ環境は全部Windows Server 2012 R2とします

で、ちょっとアドレス帳から非表示にしたいなーとか思うと

image

はい。ソウデスネ。

もちろんオンプレのADにはそんな(Exchange関連の)属性ありません。

image

どうしましょうか?素直なのは他の属性の値を使ってAADSyncとかのマッピングをいじることです。(ただこれも直感的に何をしてるのかわかりにくいのとSyncするツールに依存しちゃうのでどうなんだろう)
ということで今回は少し斜め上の対応をしてみましょう。

そう、Exchangeスキーマの拡張だけしてしまいましょう。

身もふたもない。

まず評価版のExchange Server 2013をダウンロードしましょう。

ダウンロードしたEXEを実行してファイルを展開します。その後以下のコマンドでSetup.exeを起動してスキーマ拡張だけ行います。(※もちろんバックアップとかその辺ちゃんと考えてください)

Setup.exe /PrepareSchema /IAcceptExchangeServerLicenseTerms

image

※細かい話はこの辺参照

完了後、スキーマが拡張されたので後はお好きにどうぞ。

image

image

やりました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中