Nano Server がアナウンスされました

唐突ですがNano Serverというものがアナウンスされました。

だいぶ前に言ってたこれの進捗ですかね。

Nano Serverは、いわゆる最近のコンテナ技術を扱うために特化したWindows Serverのリファクタリングバージョンです。

図を引用するとこんな感じ

やりたいことは分離されたアプリケーションのフットプリントの最小化(コンテナ化)とそれらを動かすための最小限のカーネルですかね。MSのクラウドプラットフォームインフラを担いたい感じです。

GUIスタックや32ビットサポート(WOW64)、MSIや既定のサーバーコアコンポーネントを減らしたWIndows Serverぽいです。ローカルログオンもRDPすらもない!全部WMIとPowerShellでリモート管理のようす。(新しいWebベースの管理ツールも開発してるようですが)
PowerShell DSCを使った構成だけでなくリモートファイル転送、リモートスクリプトのオーサリングとリモートデバッグも改善される様子?

API互換はあるものの、サポートされないAPIも当然出てくるようですがVisual Studioのリモートデバッグ機能や通知もサポートしてるので何とかしてくれという感じでしょうか?まだよくわからず。

コンテナの分離度合いとして、ホスト上で動作するWindows ServerコンテナとHyper-V仮想化技術を使ったHyper-Vコンテナの2種類が提供されるようです。どちらもDocker Engine経由でDocker Clientで操作できるようですね。

Dockerもそうですが他のSystem CenterやらChefやら協業しているところとの連携も期待が持てますね。

取りあえずぱらぱらと見てましたがまだまだ情報足らず。なんとなく今時点ではコンテナ動かすためのサーバーでるよ!という感じでしょうか。気になるところはたくさんありますが、より詳細な話は今後きっとでてくるので待たざるを得ない。まずはIgniteと//buildに期待ですかね!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中