WPC 2015

というわけでMicrosoft World Partner Conference 2015(MSの年次総会)の時期がやってまいりました。

基本的に英語怪しいのと主観な感想なので気になる人は原文聞くなりしましょう。

最初はPhil Sorgen氏からPartner AwardのWinnerの話。
image
派手ですな。
image

クラウドサービス事業は2018年までに2000億ドル市場になるそうですよ(IDC調べ)
image
MSの収益の92%(IT市場の39%に相当?)はパートナーエコシステム経由だそうです。(英語怪しい)
R&Dに110億ドル投資するしモビリティも継続して投資するようです。

キーノートのお品書きはこんな感じ。
image
Day1(つまりこのポスト)で3時間…です。

お次はCortanaによるこの1年の振り返り。
image
今回はSatya氏のパーソナルアシスタントという設定のようです(実際はみんなのアシスタントだよとは言ってる)。
Cortana視点で話が進みます。外国語おぼえたり(日本語も早く。。。)、いろんなところに行ったり。クールなMicrosoftが帰ってきた!この部分だけの動画見るだけでも面白いです。
で、振り返りが終わるとSatya Nadella氏の登場です。
image
この1年、Satya氏がMicrosoft Loves Linuxとか言ったりだいぶ変革した年でもありました。大きなところはビジネスモデルが変わりつつあるというところですかね。MS自身もそうだしパートナーも変革についてきてくださいという感じでしょうか(そのための施策もあるよというところか)
取り巻く世界としてはCreate more personal computingですかね。取り巻く環境としてモバイルファースト、クラウドファーストになりつつあるところで実生活とコンピューターを繋ぐインターフェースも自宅・職場でユビキタスだし認識用のセンサーもある。ホログラムと対話したりデータや実処理がどこで行われてるかを意識せずに扱えるとか。そういう話。
で、BuildやIgniteでも言っていましたが生産性とビジネスプロセスを改革するというのがキーメッセージです。
image

そのアプローチの一端としてSkypeやSwayで協調作業だったりPower BIやDelveなどの可視化だったりとか自動化とか共通化とかとか。周りの課題や問題を解決していくための手段を提供していくというような意志が感じられますね。

という話を受けてJulia White氏から新しいサービスのデモです。
image

シナリオとしては「なんか顧客でヤバい状況になったのですぐに仲間と連携して問題解決しよう」的な感じです。ここで使うツールとして「GigJam」という新しいコラボレーションツールが登場します。

最初はただの真っ白けのキャンバスですが。
image
Cortanaと連携してるので「Hey Cortana, show me my customers.」とかいうとDynamics CRM上の自分の顧客情報を表示してきます。
image
で関連する情報を出していくわけですが、ざっくりタッチでなぞって範囲内の関連情報を表示、不要なデータはxつけてフィルタするとかできてました
image
より直観的(?)にアバウトな操作で必要な情報にアクセス。選択した情報に関連するアクション(下の方のアイコンとか)で他の人と共有したり画面にだしたり。
image

デモでは(ちょっと慣れてないところありましたけど)iPhone上のGigJamでデータ共有したりSurface Hubに表示してました。Skype for Businessな感じで通話も同じアプリ内で。
image
左側がiPhoneの画面、上部がSurface Hubかな?まぁそんな感じでジャムれるツールでした。今後が気になるので是非Watchしましょう。

より自然なインターフェースを、より高い生産性やビジネスプロセスの変革を、という一端を見ることができました。さて次はそんなアプリケーションの裏側のクラウドの話です。MSの話なのでもちろんAzure。(概要的な話は飛ばして)

image

クラウドインフラやエンタープライズモビリティ、データと解析、開発とプラットフォーム、IoTなど必要そうな部品はMSのクラウド上にそろってきました。次の一手として掲げてきたのは「Inteligent action」です。
image
様々なデータを分析してどのように賢い行動をとるか、というところの手助けをしましょう。
事例的なところではNorth American Eagleというロケットエンジン積んだ車で地上最速を目指すチームの話。センサー積みまくった車のデータを分析した結果をアレコレ。
imageimage

というところで具体的には「Cortana Analytics Suite」
image

さまざまなセンサーやアプリケーションなどのデータを保存・解析・機械学習してCortanaがアクションを起こす、提示する、可視化するというような一連の関連サービスをまとめたスイートです。リアルタイムでも。他の事例的な話では病院の医療システムで患者の履歴やプロフィールなどと広範囲な事例から能動的な治療計画を提案したりなどに使われてるようです。

というようなスイートが秋ごろに触れるようになる予定(?)なので是非興味のある人はWatchしましょう。

予測した結果などをCortanaと対話しながらアクション起こせる、というような機能を組み込むことが容易になりそうですね。

さて次はHoloLensです。
image

Autodeskで3Dモデルぐりぐり操作するんですが、HoloLensで机の横にあたかも実態があるような感じで見つつ操作できます。
image
このデモ面白いのがどうもデスクトップの拡張みたいな挙動してるんですよね。よくみるとデモラーがマウスで机上のメニューを操作してる(マウスカーソルが見える!w)
まぁ細かいモデリングはAutodeskでやって、実際はどうだろう的な確認を床でやります。
image
カラーリング変えたりも簡単。
image
微調整もできます。
image

これよく見ると映り込みもあるし、影もちゃんとある??どうなってるのか…

おまけとしてHoloLensの撮影機材(正面)はこんな感じ。
image

Kinect v2ついてますね。このあたりの裏側が語られる日は来るのか。

という感じでデモ終わった後は会場だけのお楽しみ(つまりライブ配信なし)ということでラッコ動画をお楽しみください。

image

復帰後はTerry Myerson氏からWindows 10な話。
image

Create more personal computing。
image
デモはCoolが口癖の陽気なBryan Roper氏。
image

Power BIやCortana連携、Windows Phone+Continuumなども披露しました。PremiumなLumiaも複数(?)発表する予定のようです。

お次はAlex Kipman氏。再度HoloLensです。
image

おなじみ(?)のHoloLensのデモです。装着者はYo-yo氏らしい(クレジットでず)
imageimage
まぁこのあたりはもういいでしょう。若干視線トラッキングしてるっぽい(マウスカーソルっぽい)のがちょろちょろしてたのが気になります。

次はセキュリティの話。
image

2015年のアプローチとしては認証周りでWindows Hello、Virtual Secure Mode、情報はEnterprise Data Protection、デバイス保護ではSecure Boot、Device Guard、DefenderとWindows Update for Businessという感じです。
I’m Hackerという感じでRoanne Sones氏がデモしてくれます。
image

最初はPOS端末的なWindowsに不正なUSBメモリを差し込んで悪さしようとしてみます。
image
が、認可されてないUSBデバイスだよということで何もできません。
次はホームセキュリティ的な組み込み機器でSecure Boot周り。
image
こいつのOS部分のmicroSDを引っこ抜いて悪さしようという感じです。
image

抜いてPCに刺してもBitLockerで暗号化されてて見れませんでした。
image
面白いのが、このmicroSDを戻しても次はブートしないところ。
image
一度変なことされたのは使わせないよということでしょうか。
さていろいろアタック受けた端末はポータルで見たりもできます。
image

※ただしこれがデモ用の画面なのか、サービスとして提供されるかよくわからない(URLはデモ用)

あとはWindows Updateですね。コンシューマー向けはP2Pだったりの機能が提供されたり。
image
企業向けはSCCMとかEMSも使えます(?)。
image

事例やらの動画があった後、再度Julia氏登場。
imageimageimage
Delveあたりのお話。あとSurface Hub。
Office関連のUpdateはこんな感じです。かずあきさんの出番ですね。Office 365は E5 Suiteがでたり(Cloud PBXとか)。
image

次はScott Guthrie氏です。
image
Microsoftのクラウドを取り巻く環境。
image

SaaSであるOffice 365やDynamics、Power BI、EMS、それからAzureにAzure Stack、OMS、Visual StudioにCortana Analytics Suite、SQL ServerやAzure IoT Suiteなどかなりの部分をカバーできるようになりました。

BuildやIgniteあたりでも発表ありましたが勢い的にはこんな感じ。
image

面白いのはRackspaceのCEO、Taylor氏が登壇してAzure対応を話したところですかね。
imageimage

まぁそんなこんなでクラウドやろうず、こんな施策用意しました的な。
image
という話をJohn Case氏から。
image
こういう市場ですよという話
image

image

支援策としてはAzure Menter Program (AMP) for partnersとかCertifiedプログラムとかいろいろあります。

という感じで来年はカナダのトロントでやるそうです。
image

Day 1おわり。

その他

まとめ

面白いところは面白くなってきてるのでみんなで幸せになりましょう。

おまけ

動画のキャプション(テキストスクリプト)の英語とGoogle機械翻訳による日本語です。

まぁ無いよりはあった方がいいかもしれないぐらい。

どうでもいいけど、現地は立ち見→床に体育座り→ごろ寝があったりカオス&フリーダムだった様子。緩い。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中