Azure SDK 2.7 for .NETほかUpdate

Visual Studio 2015がRTM(それとVisual Studio 2013 Update 5)した関係でAzure SDK for .NETも2.7がリリースされました。またVisual Studio 2015に対応したApplication Insights Toolsもリリースされてます。

ダウンロードはWeb Platform Installerからどうぞ

image

関連してるかどうかは謎ですがAzure PowerShell/Azure x-plat CLIも更新されてます。


Azure SDK 2.7 for .NET

Azure SDK 2.7 for .NET (Visual Studio 2015/Visual Studio 2013)です。

Update内容は以下の通り。

  • サインインの向上(VS2015)
    • VS2015のみですが、RBAC(ロールベースのアクセスコントロール)をサポートです。またDreamSparkやCSP(Cloud Service Providers)のサブスクリプションにも対応です。
  • Cloud Explorer (VS2015)
    • 今までServer Explorerで管理できてましたが、それの代替となるツールです。Azure Resource Managerに対応しているのと、RBACやいろんなサブスクリプション単位に対応です。
      image
    • プロパティである程度見れたりします。また検索もできる。面白いのがリソースグループ単位でまとめられます。(ただしこちらは検索はComing Soon)
      image
    • コンテキストメニューもリソースにあったものがでます。(一部はポータル開くだけですが)
      image
      Web Appsであればデバッガのアタッチなどもできます。
      image
    • 今後の発展に期待です。
  • リモートデバッグ for VM (VS2015)
    • Virtual Machine (v2)もCloud Explorerからデバッガを有効にしてリモートデバッグできます。(アタッチできる)
  • Azure Resource Manager Tools
    • ARM ToolsもRBACなどなどに対応といった感じでUpdateされています。新しいストレージアカウント使う場合はアップデートしましょうという感じ(?)
    • あと.targetsファイルでVSOnlineなどの自動ビルド時のターゲットを変えたりすることができるようです。
    • ARMなVMv2もGAということでVMテンプレートもシンプルに編集できるようになりました。
  • Azure App Service Tools
    • リモートプロファイルをサポートなどデプロイ時の挙動が向上したりしてます
    • こちらも参照ください
    • API AppsのPreview Templateがついてきます。Swashbuckle周りとかですかね。(Positive Impacts of Template Swagger Tweaks for Client Developersあたりの節を参照)
  • HDInsight Tools
    • Hadoop周りですね。Hive Job graphs for Hive on Tezなど。Tez使ってHive Jobの詳細を見れます。
    • またHive DMLのインテリセンスをサポート
    • NuGetからSCP.NET使えます。
    • 新しいプロジェクトテンプレートとしてPig scriptsがサポート。
  • Azure Data Factory Tools
    • ちょっと詳細不明。とりあえずIncludeされてるらしい。

とまぁそんな感じ。

Application Insights Tools in Visual Studio 2015

Application Insights Tools in Visual Studio 2015ではASP.NET 5とWindows 8.1 Universalのアプリに関するパフォーマンスやイベントなどの情報を収集できます。(Windows AppsはComing Soon)※Application Insightsそのものは他にもサポートしてます。Tools for VSという意味。

新規にプロジェクト作る際にチェックするだけで組み込めます。

image

既存プロジェクトもプロジェクトに追加→Connected Services(日本語だと「接続済みサービス」)を選んで接続するサービスからApplication Insightsを選べばOK(もしくは、「Application Insights テレメトリの追加」を選択します)

imageをえらんで
image
もしくは
image

あとは構成ダイアログでサブスクリプションなどを選ぶ感じです。
image

「設定を構成する」ボタンではAzure上のリソースグループなどを選べます。
image

 

その他

AzureというかVisual Studioの機能ではありますが、Visual Studio Enterprise 2015のロードテストが拡張されてます。

 

まとめ

良いツールと環境を使って最新の開発体験を是非どうぞ、という感じです。

Azure SDK 2.7 for .NETほかUpdate」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: Visual Studio 2015 RTM & リリース記念イベント | ブチザッキ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中