GSシリーズの詳細とかPremiumなService Busとか Azure Update (2015.09.03)

この間こそっとGSシリーズ使えるようになっていましたが、詳細でてました。

GSシリーズ詳細

GSシリーズは最大32コア、最大448GBのメモリを有するインスタンスのサイズ区分です。以前にリリースされたGシリーズのPuremium Storage版ですね。

サイズ コア数 メモリー 最大Diskサイズ 最大Data Disk数 キャッシュサイズ(GB) 最大Disk IOPS 最大Disk帯域(MB/sec)
Standard_GS1 2 28 OS:1023GB,Local SSD Disk:56GB 4 264 5,000 125
Standard_GS2 4 56 OS:1023GB,Local SSD Disk:112GB 8 528 10,000 250
Standard_GS3 8 112 OS:1023GB,Local SSD Disk:224GB 16 1056 20,000 500
Standard_GS4 16 224 OS:1023GB,Local SSD Disk:448GB 32 2112 40,000 1,000
Standard_GS5 32 448 OS:1023GB,Local SSD Disk:896GB 64 4224 80,000 2,000

リニアに推移してるのでわかりやすいですね。Gシリーズがベースなのと、Premium Storageを活用することで最大Disk IOPSが8万とDS14の5万より高い感じです。
現状はWest US、East US-2、West Europeのリージョンで使うことができます。

このあたりも参考にどうぞ。

D/DSシリーズの仮想マシンとCloud Servicesの値下げ

2015年10月1日以降、DシリーズおよびDSシリーズのインスタンスが27%値下げされます。やったね!

Service Bus Premium(Preview)

Service BusのメッセージングにPremiumが増えました。(現状PremiumはPreview。Service Bus Relayは対象外)

Premiumの違いはMessageUnitの数もありますが操作数じゃなくてMU当たり固定料金(日毎)なのと、仲介型接続の超過分がStandardと違い課金されない(MUに含まれてる)、リソース分離されているという点でしょうか。

DocumentDBがAustraliaに

日本はマダカナァ

Azure Key Vault用のSQL Serverコネクタ

まだパブリックプレビューですが更新されました。SQL ServerのTDEなどにお使いください。

 

そのほか

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中