AzureCon & Updates

2015年9月30日1時(いわゆる29日の25時※日本時間) からシアトルよりバーチャルイベントがありました。

赤シャツ氏もBlogで書いているように、ファンタスティックなアナウンスがたくさんありました。ちなみに60を超えるテクニカルセッションが見れるオンラインイベントのです。Oh.

例によって日本でダラダラキーノートみつつ雑談する会を催しました。

image

※素材提供はうるしませんせー

まぁ深夜イベントなんで誰が見るんだという…それでも+30人な方たちが見てくれたようです。こっちの配信は見なくてもいいですけど、リアルタイムでワイワイできて楽しい感じでした。ちなみに前半の雑談部分はOSSの話やゲストのてらだよしおさんのキャリアの話など、いい感じにグダグダ喋ってました。。。

さてさてイベントを振り返りつつファンタスティックなアナウンスを見ていきましょう。(Update情報だけ、リンクだけ知りたい場合は最後のほうを参照ください)

※時系列で並べてるのでかぶってる部分も多々ありますがご了承ください(Scottが概要述べた後で詳細な話になるとか)

最初は赤シャツ氏ことScott Guthrie氏から。
image

まずはイベントの案内から。オンラインなブレイクアウトセッションとツアーがワールドワイドで開催予定。
image

SaaSやクラウドインフラ、ハイレベルのサービスで分けて迅速性やコストから選択。MSの大きなクラウドとしてはOffice 365やDynamics、Power BI、EMSなどがある
imageimage

それらの基盤としてAzureがあります。
image

現在は19か所、そして今日インドの3か所が追加されて予定のカナダ2か所で計24リージョン!
image
image

今日のAzureネタはHyper-Scale、Enterprise proven、Hybridの3本です。
imageimageimageimageimageimage

OSSの広がりや対象の広がり、信頼(認証など)増えました。勢いとしては最新はこんな感じ。
image

ストレージオブジェクトじゃなくてストレージのトランザクションが777兆など、ちょっとずつ載せてる指針が違う感じです。IoTの月間メッセージ数が1.5兆に増えてますね。

Fortune 500社の80%がMicrosoft Cloudを使ってるそうです。
image

さてAzureの部分ですが、最初はDeveloper + Application Platformのところから。
image

だいたいVisual Studio Online周りの話です。
image

Androidアプリのビルドなどもできます。あとは負荷テスト、Application Insightsを使ったパフォーマンスや状態の収集など。
imageimage

アプリケーションの実行基盤としてはApp Serviceを紹介。
imageimage
様々な言語で動作してPaaSとして必要な機能を供えます。

そして今日の新しいアナウンス。MESOSを使ったDocker Containerの管理をするサービス、Azure Container Serviceが紹介されました。
image

DCOS MarathonやChronos、Docker Swarmなどもサポート。LinuxとWindows Server ContainersもOKという感じ。
次はConrtana Analytics Suiteです。
imageimage
まぁ以前アナウンスした通り。

Cortanaさんが何かするにしてもデータを保管して再利用できるストアがないとダメですね、ということでSQL Datawarehouse。
image

デモはLaure Rubbelke氏。
imageimage

SQL Datawarehouseに保持したデータはPower BIで可視化するという感じのデモでした。Power BIも先日のUpdateで大幅に機能が増えたので使いやすくなったのではないでしょうか。
image

次はIoT部分。
image

ここで新しいサービス、Azure IoT Suiteのアナウンス(+購入できるよ)です。
image

IoT Suite(とIoT Hub ※Preview)の詳細は別で書きたいところです。
簡単にいうとMQTTのサポートやデバイスからの通知を受けて処理したり、デバイスに通知を送ったりとEvent HubやStream Analyticsをまとめたものになります。専用のダッシュボードも提供。(IoT Hubでプロトコルの変換というかつなぎこみをする感じです)
imageimage

でIoTな感じのThyssenKrupp社の事例ですね。エレベーターの情報を収集、故障時期を予測してメンテナンスを行ったりするやつです。昨年ぐらいからWPCでデモされたりしてた気がします。
image

お次はインフラ部分。
image

現在はエンドユーザー向けの管理、Premium StsorageやGシリーズといったより高性能・高機能なインフラが提供されています。
image

今日のアナウンスでやっと!GPU付きインスタンスが紹介されました。
image

あと他社のセキュリティソリューション(TrendMicroやMcAfeeなど)も含めてまとめてPreviewポータル上で管理できるSecurity Centerもアナウンス。
image

こんな感じでまとめて表示・管理することができます。
image

さてデモはCorey Sanders氏。
image

以前のPostで紹介したシリアルコンソール表示を使ったトラブルシューティングなどを実演。

あとコンピュート時間がお得な事前購入プランがアナウンスされました。63%ほどお得なようです。
image

少し話は戻って事例の話。ネパール地震の際に国連に対してMicrosoftが支援したソリューションなどを紹介しています。
image

知らなかったのですが、Microsoft Disaster Responseという活動をずっと昔からMicrosoftは行ってたようです。実は311の時も裏でこの取り組みが行われたようです。(さとうなおき談)

次はBill Staples氏からアプリケーションプラットフォーム周り。
image

計算の歴史からですね。そろばんに始まり間かなりの年数がありましたが最初のコンピューターが発明されてどんどん進化の感覚は早く、高度になりました。
imageimageimageimage

とまぁそういう話をしつつ事例。
imageimage

Azure以外のサービス(New RelicやGitHub、MySQLなど)を活用してモバイルアプリを作っているところです。なぜAzureなのか?というところで複数デバイスいける、Push通知ができる、オープンソースでフレンドリーなところなどあげています。

というわけで(?)Mobile EngagementがGAです。
image

それからCDNもAkamaiと連携。
image
image
image

こちらはアナウンスだけですね。パブリッククラウドなCDNのAkamaiも活用できるとなれば幅が広がります。
また占有環境なApp Service EnvironmentもGAです。
image

デモはMark Russinovich氏とMesosphereのBen Hindman氏。
imageimage
image

Azure Container Serviceのデモですね。さすがにアナウンスだけのサービスなのでInternalな感じです。
image
imageimage

台数などを指定してさくっと構築。
image

Dockerコンテナを作成してMesosで管理するところをデモしてくれました。
imageimageimageimageimage

こんな感じで上げたり落としたり。
imageimageimage

あとデータストアな部分でT.K. “Ranga” Rengrajan氏から。
image

SQL Databaseの新プランとElastic Database Pool話ですね。
imageimage

そんな感じでSQL Data WarehouseがPublic Previewになりました。
image

あとIoTがらみのデータ。
imageimage

こういう大量のデータを保存するのに使いましょう、解析するのにData Lakeがいいですよという話。
アナウンスとしてはIoT Suiteです。
image

ここでIoT担当のBharat Sandhu氏から。
image

先ほども書いたIoT Suiteなデモです。
imageimageimage

Azure Previewポータル上でみると関連するリソースが作成されてまとめられてるのがわかります。
image

さて前日に少しアナウンスされていましたがData Lakeの話です。
image

※余談ですがClauderaがKuduというカラムストアなOSSを出しましたね。。。

image

でData Lake Analytics Serviceです。
image

簡単にいうとU-SQLという新しい言語を使ってTBやPBクラスのデータに対して並列クエリなげれるという感じです。

後はHDInsightのLinuxがGA
image

再度Cortana Analytics Suiteのアナウンス。
image

David Inggs氏からはData Lakeを使ったデモです。
image

こういうマクドナルドの広告をKinectでデータ収集してターゲティング広告を出すという感じ。
image

Data LakeのデータストアからVisual Studioで編集できます。
image

U-SQLを使って並列クエリのジョブなげるのもVSから可能。
imageimage

並列度最大1000までかな?

実行状態はジョブのグラフで詳細を見れます。
image

結果はPower BIで視覚化。
image

という感じでKinectで年齢等を判断して対象にあった広告を表示してました。(最初は子供向けの妖怪ウォッチを出してるけど、大人向けセットに広告が変わる)
image

これらのデータを吸い出して収集、解析するのにData Lakeを使って大量のデータをささっとクエリさせてるという感じですね。

メインのセッション(キーノート)の最後はJason Zander氏。
image

クラウドインフラの続きですね。
image

データセンター24か所は先ほども書きました。で、データセンターをつなぐファイバーは1.4百万マイルにも及ぶそうです。
image

ExpressRouteのリージョンはこんな感じ。
image
image
※大阪もついてるけどExpressRouteのロケーションとしてはTokyoのみです。

というわけでExpressRouteのOffice 365とSkype for BusinessがGAです。
image

インスタンスのサイズというかスケールの話ですが、今はA、D(DS)、G(GS)シリーズですね。
image

今日のアナウンスでNファミリーとDV2が増えました。
imageimage

NファミリーはNVIDIAのK80(CUDA用)とM60(RemoteFX用)の2種類提供予定。GPU使ったワークロードに使えそうです。
DV2は第2世代のDシリーズということでCPUがHaswellを使い、ブーストして3.2GHzで動かすこともできます。

後はHybridがらみ。
imageimage

Azure Stackも前とあまり変わらない情報ですが紹介されていました。
image

ワークロードの50%はパブリッククラウドでできるわけですが一部ハイブリッドです。その中でDev/Testに使える機能が紹介されていました。(まだアナウンスだけかな)
image

DevTest用の環境を簡単に作れる感じです。
imageimage

あとAzure File StorageもGAです。SMB3.0対応やオンプレからも接続可能など機能が増えてのGAです
image

最後にFinancial Services Compliance Programが紹介されました。まぁ平たく言うと金融業界向けに2つの新しいコンプライアンスプログラムを発表しました(ENISA IAFとShared Assessments Program/BITS Shared Assessmentsかな)という感じ。関連してSecurity Centerもアナウンスです。
imageimage

あと認証こんだけ取ってるよというスライド。
image

ダラダラと長くなりましたがAzureConのメインはこれで終わりです。60以上のブレイクアウトセッションもぜひ見てみてましょう!

Updateのみ抜粋(以前紹介したのは省略)

Blogなど

まとめ

新しいサービスやサービス群、インフラにGPUと盛りだくさんでした。

※ 多すぎやねん(セッションが4時間以上ある上にUpdateどんだけあるねん)
※ 喋りながらやると労力倍以上かかるので寝てたしぐまにゃんに任せて書くことに専念したい…

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中