Azure Network Analytics

たまたまAzure Deep Diveの資料を眺めてたら検索してもHitしないようなナニカをさとうなおきさんが言ってました。(まぁ内容はAzureConでいってたやつです)

image

というわけでアナウンス程度しかされてませんが、Azure Network Analyticsの概要を見てみようと思います。

image
まずネットワークの運用にはリアルタイムまたは履歴をもとにした洞察が不可欠ですと。診断や監視でネットワーク運用の理解、予定通りに実行されているかどうか、異常な状態の検知と対応、コンプライアンスの監査やリスク評価など。ごく当たり前のことですね。

image
ということでAzureではAzure Network Analyticsを使えば使用しているネットワークリソースに対して実行された操作などの洞察を得られますということのようです。(いつも思うけどInsightsって訳しにくいなぁ)

Azure Network Analytics

Azure Network Analyticsで何ができますか?
image

ネットワークのイベントのログ、ログの保存・アーカイブ、ログの解析ができます。

image

VNETやLB、DNS、ExpressRoute、TrafficManager、VPNやApplication GatewayなどAzureのネットワーク周りのリソースのログがAzure Storageに保存されて、そのログをダウンロードしてExcelやらRやら3rd Party製のツールで弄るもよし、OMSやHDInsight、Machine LearningやPower BIなどAzure上で弄りまわすもよし、という感じです。

image

ログの分類としては大きく三種類

  • 操作ログ
    • APIコールなど
  • 制御系のログ
    • NICのステータスなど
  • データ制御などのログ
    • 拒否されたデータ送受信数とか

というわけで例です。こういうアプリケーションがあるとします。
image
その場合、例えばこんな感じのログがとれることになります。
image

ARMで操作したログとか、NSGの状態とか拒否数とかとか。
で、はじめるには
image
ログをダウンロードしていろいろ回すわけですが、落とす方法としていくつか書いてます。まず操作ログについてはAzure PowerShellのGet-AzureSubscriptionIdLog とか azure group log showなどを使うかこういうサンプルツールを使います。制御系のログなどはBlobに保存されるので普通にダウンロード。
あとは可視化や分析用のツールにインポートしましょう。(一部はAzure Portalでも参照できますしオンラインでPower BIやOMSなども利用できますね)

Auditoログはこんな感じでポータル上で見えるようです
image(内部用なので本番でどうなるか不明)

可視化はPower BIを使ってBlobのログをインポートします
image

そうするとこんな感じでPower BIで可視化できます
imageimage

OMSでも。
imageimageimage

詳細みたり検索したり。

OMSとAzure Automationを連携させたり広がりもだせますね。
image

あとはRでごりごりしたり。
imageimage

まとめ

image

Azure Network Analyticsというのは何かしらのサービスというわけではありませんが、重要な部分の話だというのがよくわかりますね。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中