Azure Resource ManagerでMarketplaceを使う

Azure Resource Managerのテンプレート集を使うとVMv2などの構成を簡単(?)に行うことができます。
ただ見てるとMarketplaceに公開されてるカスタムVMイメージなどを使ったテンプレートがなさげです。

こんな感じで普通にやるとエラーになるわけです

Marketplaceの場合も通常の場合もOSImageにはパブリッシャー、オファー、SKU、バージョンの指定が必要なのですがMarketplaceの場合は追加の課金が発生する可能性もあり、個別にPlanも指定する必要があります。

※ オファーやSKUなどは Get-AzureRmVMImageOffer などを使って取得すればいいでしょう

Get-AzureRmVMImageSku

コマンド パイプライン位置 1 のコマンドレット Get-AzureRmVMImageSku
次のパラメーターに値を指定してください:
Location: Japan West
PublisherName: miracl_linux
Offer: asianux-server-4-sp4

Skus          Offer                PublisherName Location  Id
----          -----                ------------- --------  --
axs4sp4licazu asianux-server-4-sp4 miracl_linux  japanwest /Subscriptions/5ffe5ad0-6dfc-4e3e-b44e-f4297c930546/Pro...

具体的にはVirtual Machineのリソースに以下のようにplanも追加してあげます。

    {
      "apiVersion": "2015-06-15",
      "type": "Microsoft.Compute/virtualMachines",
      "name": "[variables('vmName')]",
      "location": "[variables('location')]",
      "plan": {
        "name": "axs4sp4licazu",
        "publisher": "miracl_linux",
        "product": "asianux-server-4-sp4"
      },
      "dependsOn": [
        "[concat('Microsoft.Storage/storageAccounts/', parameters('newStorageAccountName'))]",
        "[concat('Microsoft.Network/networkInterfaces/', variables('nicName'))]"
      ],
      "properties": {
        "hardwareProfile": {
          "vmSize": "[variables('vmSize')]"
        },
        "osProfile": {
          "computerName": "[variables('vmName')]",
          "adminUsername": "[parameters('adminUsername')]",
          "adminPassword": "[parameters('adminPassword')]"
        },
        "storageProfile": {
          "imageReference": {
            "publisher": "[variables('imagePublisher')]",
            "offer": "[variables('imageOffer')]",
            "sku": "[parameters('ubuntuOSVersion')]",
            "version": "latest"
          },
          "osDisk": {
            "name": "[variables('OSDiskName')]",
            "vhd": {
              "uri": "[concat('http://',parameters('newStorageAccountName'),'.blob.core.windows.net/',variables('vmStorageAccountContainerName'),'/',variables('OSDiskName'),'.vhd')]"
            },
            "caching": "ReadWrite",
            "createOption": "FromImage"
          }
        },
        "networkProfile": {
          "networkInterfaces": [
            {
              "id": "[resourceId('Microsoft.Network/networkInterfaces',variables('nicName'))]"
            }
          ]
        }
      }
    }

publisher はそのままpublisherを、nameにはskuを、productにはofferに入れる値を入れておけばいいかと。(厳密には違うかもしれませんが)
※ 確実に知りたい場合はPreviewポータル上で該当のVirtual Machineを展開後、ARMExplorerなどで見るといいかもしれません。

これでエラーは回避して問題なくデプロイできます。

Tips

意外とハマるかもしれませんが、REST APIやAzure PowerShell/CLIでMarketplaceを利用する場合、事前に使用許諾を了承しておく必要があります。

arm

Previewポータル上でMarketplaceから対象のものを開き、一番下にあるリンク(Want to deploy programmatically?)をクリックし、対象サブスクリプションをEnableにしておきます。※当然追加の料金が発生する場合があるので注意が必要です。

またデプロイに成功した後、購入した旨のメールが届きます。(料金が発生しなかったとしても)
image

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中