Azure Management REST API用のBearerトークン

よく忘れるので。

$adal = "${env:ProgramFiles(x86)}\Microsoft SDKs\Azure\PowerShell\ServiceManagement\Azure\Services\Microsoft.IdentityModel.Clients.ActiveDirectory.dll"
$adalforms = "${env:ProgramFiles(x86)}\Microsoft SDKs\Azure\PowerShell\ServiceManagement\Azure\Services\Microsoft.IdentityModel.Clients.ActiveDirectory.WindowsForms.dll"
[System.Reflection.Assembly]::LoadFrom($adal)
[System.Reflection.Assembly]::LoadFrom($adalforms)
$adTenant = "<あなたのテナント>.onmicrosoft.com"
# well-known ID
$clientId = "1950a258-227b-4e31-a9cf-717495945fc2"
$redirectUri = "urn:ietf:wg:oauth:2.0:oob"
$resourceAppIdURI = "https://management.core.windows.net/"
$authority = "https://login.windows.net/$adTenant"
$authContext = New-Object "Microsoft.IdentityModel.Clients.ActiveDirectory.AuthenticationContext" -ArgumentList $authority
$authResult = $authContext.AcquireToken($resourceAppIdURI, $clientId, $redirectUri, "Auto")
$authHeader = $authResult.CreateAuthorizationHeader()
# Write-Host "Bearer Token: $authHeader"
$authHeader | Out-File bearerToken.txt

これでBearerトークン出来上がり。認証はいつもの認証ダイアログ的なのが出るので安心です。
(要Azure PowerShell)

参考:Setting up PostMan to call the Azure Management APIs

Azure Management REST API用のBearerトークン」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: PowerShellでAzure ADの情報を収集 – Always on the clock

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中