de:code 2018 でお肉をゲットした話

de:code 2018ではひっそりと参加してたのですが、エキスポ会場でインフラジスティックスさんのところで事件は起きました(?)

インフラジスティックスと CData Software Japanさんのところではde:code大喜利ということで「開発ツールとは( ______ )のようなもの! ( ______  )」という穴埋めでイイこと言って写真をTwitterでつぶやいてRT数上位にお肉プレゼント!という合同企画をしていました。

へぇーとか思ってたのですがお題が結構悩ましくいいネタ思い浮かばないし見てるだけだったんですが、例によって中の人につかまり(?)ネタを強制されることに。。さらに穴埋めの2つ目を強制的に埋められてしまいw 難易度うなぎのぼり、、、結局自虐(?)にもならないよくわからないネタをUpする羽目になりました。やまさ許すまじ。

結果紆余曲折(MS社員が上位を占めちゃったのでノーカンとか)あり、なんだかRT数上位5位に入ってしまいました。(ここまで前振り)

そんなわけでインフラジスティックス様、 CData Software Japan様からナルトベース直送で美味しそうな阿波金時豚を3種(焼豚モモ、ロース、ローストポーク)を頂きました。

image

某ねり氏には肉レポ!とか言われましたけど、美味いとかしか言えない(語彙力)。とりあえず(゚д゚)ウ-(゚Д゚)マー(゚A゚)イ-…ヽ(゚∀゚)ノ…ゾォォォォォ!!!!って食べてます。ありがたやー。

広告

de:code 2018 でお肉をゲットした話」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: Daizen Ikehara : de:code 2018 出展とちょっと裏のお話

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中