Microsoft Connect(); 2018 Keynote

冬恒例(?)のMicrosoft Connect(); 2018 がありました。

画像が長いので、関連リンクだけ見たい人は最下部までさっとスクロールしてください。

Keynote (1)

最初はScott Guthrie氏から。部署がCloud+AIになってますね。ソフトウェアといってもいろんな言語・環境・ツールの組み合わせで実行できます。
ice_screenshot_20181205-013238ice_screenshot_20181205-013328ice_screenshot_20181205-013349ice_screenshot_20181205-013403ice_screenshot_20181205-013428ice_screenshot_20181205-013432
最初のデモはChris氏。macOS上でのVisual Studio Codeかな。node.jsなアプリの開発。IntelliCode拡張でインテリセンスが効くしサジェスト内容はAI使って適切と思われるのを提案してくれる。デバッグもできるよ。Gnomesのフィギュアの販売サイトかな?開発終わったらAzure拡張つかうと直接Azure Web AppsにデプロイもOK。DBにはCosmos DB使ってる。Functions経由でレコメンドも実装済み。
ice_screenshot_20181205-013542ice_screenshot_20181205-013612ice_screenshot_20181205-014510ice_screenshot_20181205-014032ice_screenshot_20181205-014157ice_screenshot_20181205-014215ice_screenshot_20181205-014251ice_screenshot_20181205-014316ice_screenshot_20181205-014504
レコメンド部分はPythonでFunctionsで動作するコードを書いてる。もちろんVisual Studio Codeで。そのまま実行やデバッグもOK。
ice_screenshot_20181205-014549ice_screenshot_20181205-014630ice_screenshot_20181205-014652
Live Share機能で他の人と共同作業。Amanda氏はVisual Studioですね。GitLensを使って差分をみつつPull Requestを作ってGitHubと連携。
ice_screenshot_20181205-014750ice_screenshot_20181205-014801ice_screenshot_20181205-014822ice_screenshot_20181205-014844ice_screenshot_20181205-015131ice_screenshot_20181205-015142ice_screenshot_20181205-015149ice_screenshot_20181205-015223
という感じでこれまでのまとめ。オープンソースも愛してる。
ice_screenshot_20181205-015244ice_screenshot_20181205-015343ice_screenshot_20181205-015509ice_screenshot_20181205-015513
というところでGitHubのCEO、Nat氏が登壇。GitHub Actionsなどの話も。
ice_screenshot_20181205-015640ice_screenshot_20181205-015651ice_screenshot_20181205-015725ice_screenshot_20181205-015756ice_screenshot_20181205-015833ice_screenshot_20181205-020009
デモはJessie氏。PR作るとActionsで設定したワークフローが走ります。デモではFail。コミットメッセージを入れろかな。修正して再度あげると今度は成功。フローも簡単に作れますしスクリプトで記述もできます。
ice_screenshot_20181205-020115ice_screenshot_20181205-020203ice_screenshot_20181205-020246ice_screenshot_20181205-020300ice_screenshot_20181205-020327ice_screenshot_20181205-020346ice_screenshot_20181205-020436ice_screenshot_20181205-020504ice_screenshot_20181205-020540ice_screenshot_20181205-020557
Azure Pipelineとの連携も。Azure PipelineはPythonなどのOSSもサポート。という流れでAzure DevOpsのデモはDonovan氏。パイプラインをYamlでかけたりもします。リアルタイム(オンデマンド?)でもビルドできるしGitHubと連携もOK。リリースパイプラインもフロー組めるし細かな処理も構成できます。リリースパイプラインの中で最終的に人が承認したらリリース、というのも組めます。という感じでAzure DevOpsにはPipelineなどなどが含まれます。
ice_screenshot_20181205-020714ice_screenshot_20181205-020800ice_screenshot_20181205-020828ice_screenshot_20181205-020931ice_screenshot_20181205-021015ice_screenshot_20181205-021025ice_screenshot_20181205-021055ice_screenshot_20181205-021119ice_screenshot_20181205-021140ice_screenshot_20181205-021149ice_screenshot_20181205-021256ice_screenshot_20181205-021400

次はVisual Studioかな。Visual Studio 2019のPreview1がでました。IntelliCodeやLive Share、GitHub連携、などなど。.NET Core 3もPreviewででました。Windows上のデスクトップ(WPFやWindows Forms)などもサポートなどなど。Windows Forms、WPF、UI XAML Libraryもオープンソースに。
ice_screenshot_20181205-021417ice_screenshot_20181205-021444ice_screenshot_20181205-021536ice_screenshot_20181205-021620ice_screenshot_20181205-021652
ビデオはハンデを持っている人向けのオンスクリーンキーボードの話。
ice_screenshot_20181205-021744ice_screenshot_20181205-021756ice_screenshot_20181205-021829ice_screenshot_20181205-021859

次のデモはVisual Studio 2019関連。Scott Hanselman氏から。スタートスクリーンもだいぶ変わりました。デモのコードをCodeLensでみると最初が16年前だ。。という古いコードをぽちぽちとリファクタリング。サジェストからささっと直していきます。IntelliCode(★ついてるやつ)がAIからサジェストされた内容。懐かしいバーコードリーダー(を使うと思いきや手打ち)でクーポンを表示するデスクトップアプリがちゃんと動きました。
ice_screenshot_20181205-022016ice_screenshot_20181205-022039ice_screenshot_20181205-022128ice_screenshot_20181205-022211ice_screenshot_20181205-022219ice_screenshot_20181205-022244ice_screenshot_20181205-022311ice_screenshot_20181205-022334ice_screenshot_20181205-022403ice_screenshot_20181205-022408ice_screenshot_20181205-022511ice_screenshot_20181205-022730ice_screenshot_20181205-022754
次はLive Unit Testingですね。Failになった個所を修正するとその場でテストがOKの表示になりました。手書き(ペン)コントロールなども利用できます。GitHub連携ももちろんOK。
ice_screenshot_20181205-022836ice_screenshot_20181205-022841ice_screenshot_20181205-022859ice_screenshot_20181205-022910ice_screenshot_20181205-022942ice_screenshot_20181205-023024ice_screenshot_20181205-023054ice_screenshot_20181205-023118

次はAzure関連ですね。
ice_screenshot_20181205-023207ice_screenshot_20181205-023253ice_screenshot_20181205-023308ice_screenshot_20181205-023321ice_screenshot_20181205-023343
ムービーはIDが漏れてるか確認できるサイトの話。Functions使ったりしてます。
ice_screenshot_20181205-023437ice_screenshot_20181205-023451ice_screenshot_20181205-023508

次はAzure Kubernetes Serviceですね。Serverlessの一覧に入ってた通りServerless for AKSがアナウンス。
ice_screenshot_20181205-023652ice_screenshot_20181205-023726
デモはJeff氏。ログも横断的に見れます。Azure Dev Space使うとKubernetes上にデプロイしてデバッグなどもできます。Container Registry経由で本番にもデプロイできる。
ice_screenshot_20181205-023829ice_screenshot_20181205-023837ice_screenshot_20181205-023932ice_screenshot_20181205-024007ice_screenshot_20181205-024018ice_screenshot_20181205-024029ice_screenshot_20181205-024059ice_screenshot_20181205-024140ice_screenshot_20181205-024215ice_screenshot_20181205-024243ice_screenshot_20181205-024338
あと今日発表のあったServerlessですね。ノードレスにもできます。さくっとVirtual Node(ACI)が起動して展開できます。
ice_screenshot_20181205-024356ice_screenshot_20181205-024436ice_screenshot_20181205-024458ice_screenshot_20181205-024512ice_screenshot_20181205-024540

それからCNABの発表。複数Dockerイメージを束ねて記述できるフォーマットでまとめてアプライアンス的に配れたりする様子。
ice_screenshot_20181205-024655ice_screenshot_20181205-024707ice_screenshot_20181205-024736ice_screenshot_20181205-024744
次はデータストアの話。まずはCosmos DBのおさらい。
ice_screenshot_20181205-024801ice_screenshot_20181205-024919ice_screenshot_20181205-024941ice_screenshot_20181205-025006ice_screenshot_20181205-025027
デモはRimma氏。Cosmos DBは複数APIあるので任意に選択。ぽちぽちと別リージョンにレプリカを作ったり。2つのリージョンにそれぞれした接続して片方でカートに追加するとすぐに別リージョンにも複製されてカートの中身が反映されます。Change Feed取れるので更新をすぐに取れたりもします。デモではFunctionsで受け取ってましたね。10万リクエスト/sさばいてるのが見れたり。
ice_screenshot_20181205-025312ice_screenshot_20181205-025355ice_screenshot_20181205-025456ice_screenshot_20181205-025512ice_screenshot_20181205-025541ice_screenshot_20181205-025628ice_screenshot_20181205-025717ice_screenshot_20181205-025809ice_screenshot_20181205-025826ice_screenshot_20181205-025903ice_screenshot_20181205-025940
次はCognitive Servicesですね。Azure SearchもCognitive Servicesと連携したり。NBAの事例の話ですね。動画から選手の認識だったりとか検索とか。
ice_screenshot_20181205-030106ice_screenshot_20181205-030151ice_screenshot_20181205-030244ice_screenshot_20181205-030307ice_screenshot_20181205-030446ice_screenshot_20181205-030517
画像をデータソースとしてCognitive Searchを作ります。自動で画像にタグ付けしてIndexを生成。すごく簡単ですね。
ice_screenshot_20181205-030634ice_screenshot_20181205-030654ice_screenshot_20181205-030707ice_screenshot_20181205-030735ice_screenshot_20181205-030806ice_screenshot_20181205-030827ice_screenshot_20181205-030840

AIというかデータサイエンティスト周りかな。データの準備に使えるDatabricksとか。学習するところではAzure Machine Learningなど。というところでMachine Learning ServiceがGAかな。
ice_screenshot_20181205-030913ice_screenshot_20181205-030924ice_screenshot_20181205-030941ice_screenshot_20181205-030949ice_screenshot_20181205-031013ice_screenshot_20181205-031057ice_screenshot_20181205-031108ice_screenshot_20181205-031122ice_screenshot_20181205-031231
モデルができたらDockerコンテナーとしていろいろなところへデプロイ。
ice_screenshot_20181205-031257ice_screenshot_20181205-031329
という感じで最初のKeynoteは終了です。
ice_screenshot_20181205-031346

Keynote (2)

2個目のKeynoteは衣替えしたScott Hanselman氏から。Visual Studio 2019の細かい新機能とかの紹介ですかね。
ice_screenshot_20181205-033052ice_screenshot_20181205-033124imageice_screenshot_20181205-033217ice_screenshot_20181205-033301ice_screenshot_20181205-033411ice_screenshot_20181205-033459ice_screenshot_20181205-033541ice_screenshot_20181205-033602ice_screenshot_20181205-033610ice_screenshot_20181205-033645ice_screenshot_20181205-033717ice_screenshot_20181205-033746
IntelliCodeの学習とかさせて自前コード内の情報を反映させることもできるぞ。
ice_screenshot_20181205-033817ice_screenshot_20181205-033831ice_screenshot_20181205-033930ice_screenshot_20181205-033945
次はLive Shareかな。別の人から壇上のScottにヘルプがw Ubuntu上のVisual Studio Codeを使ってLive Shareでセッションを共有して開発やデバッグ。コミット済みコードとのDiffみたり。
ice_screenshot_20181205-034047ice_screenshot_20181205-034058ice_screenshot_20181205-034153ice_screenshot_20181205-034420ice_screenshot_20181205-034442ice_screenshot_20181205-034653
Windows上のFormsアプリをUbuntuに飛ばしてマウスやらの挙動も含めてシェアしてデバッグとかしてました。
ice_screenshot_20181205-034749
おさらいですがVisual Studio 2019でてます。対応拡張機能も結構でてますね。
ice_screenshot_20181205-034945ice_screenshot_20181205-035008
次のTopicはCloud。
ice_screenshot_20181205-035047ice_screenshot_20181205-035121ice_screenshot_20181205-035140ice_screenshot_20181205-035159
デモはCecil氏。VSからAzure(Cloud)へのデプロイとか。ルール決めてオートスケールアウトやパフォーマンス見たり例外を確認したり。ユーザーフローも見れます。Debug Snapshotを使って例外時点の変数などの状態を見ることもできます。そのままVisual Studioで開いたり。
ice_screenshot_20181205-035326ice_screenshot_20181205-035337ice_screenshot_20181205-035439ice_screenshot_20181205-035455ice_screenshot_20181205-035511ice_screenshot_20181205-035545ice_screenshot_20181205-035610ice_screenshot_20181205-035743ice_screenshot_20181205-035755ice_screenshot_20181205-035838ice_screenshot_20181205-035859ice_screenshot_20181205-035926
Logic Appsでフローを作ったり。デモのはテキストメッセージを送信したりする感じのフローですね。
ice_screenshot_20181205-040100ice_screenshot_20181205-040149ice_screenshot_20181205-040206
.NETアプリをAzureにもっていったりする話やVSサブスクライバー向けの特典など。それからバックエンドのAPIを管理したりするサービス(API Management)にConsumptionプランが。
ice_screenshot_20181205-040305ice_screenshot_20181205-040352ice_screenshot_20181205-040439ice_screenshot_20181205-040459ice_screenshot_20181205-040515ice_screenshot_20181205-040543
次のデモはChristos氏。ホワイトボードにAzureのサービスアイコンなマグネットを張って構成を書いていきます。それを写真でとると張ったり書いたサービスを認識、該当リソースをそのままAzure上へデプロイ。このアプリそのものはComputerVisionやらを使った.NETアプリですね。
ice_screenshot_20181205-040659ice_screenshot_20181205-040707ice_screenshot_20181205-040817ice_screenshot_20181205-040841ice_screenshot_20181205-040856ice_screenshot_20181205-040946ice_screenshot_20181205-041120ice_screenshot_20181205-041209ice_screenshot_20181205-041335ice_screenshot_20181205-041410ice_screenshot_20181205-041422

Tools for XamarinとApp Centerの紹介、それから.NET Core 2.2がGA。.NET Foundationに新しいガバナンスモデルが。新しい企業スポンサーも増えました。
ice_screenshot_20181205-041507ice_screenshot_20181205-041529ice_screenshot_20181205-041619ice_screenshot_20181205-041734ice_screenshot_20181205-041810

次はAIや機械学習関連。デモはFrancesca氏。Jupyter Notebookを使って学習させたりします。デモだとTensorflow使って学習させる感じ。そのまま学習、できたらAzure ML Serviceに接続して実行とか。できたJupyter NotebookのコードをVisual Studio CodeでインポートしてそのままPythonコードを編集、結果をインタラクティブに確認もできます。ScoreファイルもML Serviceが生成してくれてる感じかな。IntelliCodeを使ったAIなインテリセンスも使えます。最後にAzure上にモデルをデプロイ、DockerコンテナーやACIにデプロイもできます。test用Pythonコードを実行すればそのまま評価できますね。
ice_screenshot_20181205-041820ice_screenshot_20181205-041836ice_screenshot_20181205-041854ice_screenshot_20181205-041912ice_screenshot_20181205-041942ice_screenshot_20181205-042022ice_screenshot_20181205-042042ice_screenshot_20181205-042151ice_screenshot_20181205-042246ice_screenshot_20181205-042302ice_screenshot_20181205-042412ice_screenshot_20181205-042449ice_screenshot_20181205-042449ice_screenshot_20181205-042533ice_screenshot_20181205-042619ice_screenshot_20181205-042633ice_screenshot_20181205-042741ice_screenshot_20181205-042823

という感じでKeynoteは終わりです。
ice_screenshot_20181205-042917ice_screenshot_20181205-042937ice_screenshot_20181205-043014ice_screenshot_20181205-043021

まとめ

むちゃくちゃ目玉!みたいな派手さはなかったけど(ServerlessなAKSとかぐっとくるのは結構ありましたが)今後が楽しみなのが多いですね。実際すぐ使えるサービスも多いので活用しましょう。Visual Studio 2019というかLive Shareとかだいぶぶっ飛んでましたね。
最後に関連リンクをまとめておきます。

Microsoft Connect(); 2018 Keynote」への2件のフィードバック

  1. ピンバック: Microsoft Connect(); 2018 の Keynote のメモ - メモログ

  2. ピンバック: Azure Update (2018.12.06) | ブチザッキ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中