Azure Functions のプリコンパイルサポート

.NETなFunctionsの場合、プリコンパイルがサポートされました。簡単にいうと.csxじゃなくてコンパイル済みアセンブリ(.dll)を指定することで動的コンパイル処理をスキップすることができるようになりました。

 

続きを読む

Azure Functions のローカル開発

Azure Functions をローカルで開発するためのツールが2種類出ました(1つは結構前からですけど)

細かい話は本家Blog等を参照ください。

またこちらのBlog、動画も参考にどうぞ。

続きを読む

無水エタノールでゴム部分のべとべとを掃除する

PCとかのパーツでよく使われてるゴム(ラバー)が経年劣化してべとべとする(加水分解という反応を起こしてるらしい)のにいい加減嫌気がさしたので掃除することにしました。(別にPCに限ったことじゃないですが)

よくよく調べると無水エタノールで拭き取ればべとべとが取れるということで、早速買いました。

無水エタノール(Amazon)

捨ててもいい雑巾みたいなの(毛羽立たないやつ)に含ませてゴム部分をごしごしするとベタベタが取れてツルツルになります。ゴムごと溶かして削り取ってるようなイメージ?なんで元通りというわけにはいきませんが、少なくともベトベトは無くなったので個人的に満足度高いです。

あ、最初に目立たないところで試してからやりましょうね。あと見た目変わったりすると嫌なものへの使用は十分検討してからにしましょう。

※雑巾は拭き取ったゴムで真っ黒(黒いゴムだったので)になりました。・⌒ヾ( ゚⊿゚)ポイッ

Windows Server 2016 の Nested Hyper-V

Windows Server 2016 が GA したということで早速アップデートしてみました。
で、それは問題なかったのですがHyper-V上の仮想マシンが起動しなくなってしまい。よくよくエラーを見ると、仮想マシンの構成エラーということでNested Hyper-Vの設定がおかしいよと。

というわけで

Set-VMProcessor -VMName VM名  -ExposeVirtualizationExtensions $false

という感じで一度Nested Hyper-Vを無効にして起動することを確認、再度有効化するかーと思いきや。

> Set-VMProcessor -VMName VM名  -ExposeVirtualizationExtensions $true
Set-VMProcessor : Failed to modify device 'Processor'.
Cannot modify processor setting.
'VM名' failed to modify device 'Processor'. (Virtual machine ID 5270C44F-BF78-4D3E-977E-8268739CA529)
Cannot modify processor setting 'ExposeVirtualizationExtensions' without first upgrading the virtual machine version. (
Current version: 5.0. Needs version: 8.0).
At line:1 char:1
+ Set-VMProcessor -VMName VM名 -ExposeVirtualizationExtensions $ ...
+ ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    + CategoryInfo          : InvalidOperation: (:) [Set-VMProcessor], VirtualizationException
    + FullyQualifiedErrorId : NotSupported,Microsoft.HyperV.PowerShell.Commands.SetVMProcessor

仮想マシンのバージョンあげろとか言われました。。というわけでUpdate-VMVersionでアップデート。

> Update-VMVersion VM名

Confirm
Are you sure you want to perform this action?
Performing a configuration version update of "VM名" will prevent it from being migrated to or imported on
previous versions of Windows. This operation is not reversible.

[Y] Yes  [A] Yes to All  [N] No  [L] No to All  [S] Suspend  [?] Help (default is "Y"): A

最新(8.0)になったことも確認できました。

PS C:\Users\Administrator> get-vm VM名 | Format-Table Name,Version

Name        Version
----        -------
VM名       8.0

再度Set-VMProcesserで有効化するとやっとうまくいきました。無事起動することも確認。( ´ー`)フゥー...

Azure Search のサンプルデータ

Azure Searchがどんなものか直ぐに試すには以下のデモサイトが有名ですね。

1つ目は動画の字幕から検索したり、位置情報を検索したりするのを簡単に試せます。2つ目は実際の利用用途に近い形でニューヨークの求人情報を基にSearchの機能をお試しできます。こちらは位置情報だとかファセットなども見れますね。

さてデモサイトで出来栄えはわかりましたけど、いやいや実際にアプリを組み込むときのサンプルとしてデータだけ欲しいんだという要望もあるかと思います。そんな要望に応えるため、中の人はお手軽にサンプルデータをインポートできるようにしてくれました。

これでとりあえずIndexに悩む前にAzure Searchをアプリから試してみることができますね。

続きを読む

Kinect v2 Driver 2.2.1608.2000

中村さんに教えてもらったのですが新しいドライバーが降ってきたようです。(※ただしこちらのレジストリの設定をしてる場合のみ=まだPreviewな感じ?適用等は自己責任で。)

image

というわけで2.2.1608.2000になりました。v2.2系で何ができるかというと、こちらのBlogの通りUWP内でRGBカメラとして利用できます(Windows 10 Anniversary Updateだけかも)。例えばCognitive Serviceを使ったUWPのサンプルアプリ内でカメラソースとして利用できます。Windows Helloでも利用できます。

image

あと通常のWebカメラとしても使えるので、Skypeなどのアプリケーションからも利用できます。

image

これでいくつもカメラぶら下げなくて良くなりそうです!
あとはKinect SDKがアップデートされるのと、UWP内でIRなどのカメラソースも利用できると嬉しいですねぇ。