Microsoft Ignite 2015 Keynote

大型イベントが続きますね(今後毎年こんな感じになりそう…)。
今日はTechEdやらもろもろ統合されて新しいイベントとなったMicrosoft Igniteです。

イントロのナレーションからしてライブ。

imageimage

そして最初はCEOのSatya Nadella氏から。

image

Microsoftは変革している、そしてITも組織や人のためのITから組織や人のイノベーションと変革のためのITのためにあると。

imageimage

結構キーノート全体のトーンとしては技術的なところはもちろんですが、こういうメッセージ色のほうが強かったですね。

Buildの時からのメッセージでもあるCreate more personal computing

image

唐突にアナウンスされるWindows Update for Business

image

インテリジェントなクラウドを作ってると。

image

業界も変わってきつつある、として事例を3つ。DELPHI、富士通、Realmadridの例。様々な業界で変革があるけど一例。

image

そしてスピーカーかわってJoe氏から。

imageimage

Office 365、Power BIと連携するCortana

image

処理速度が向上したMicrosoft Edgeの紹介

image

モバイルでもPCでも同じエクスペリエンスを

image

タブレットはキーボードとタブレットモードをシームレスに遷移

image

BuildでもありましたがContinum。Phoneを繋いでそのまま操作

image

そしてWindows Hello。ジェスチャーなどで生体認証。

image

Azure RMSとも連携してファイルの暗号化など

image

次はGurdeep Singh Pall氏から働き方などの話。Skypeの人のようですね。

image

こっちはTransformingというかShift

image

外側の変化が内側の変化を超えるとき終わりが近いとはGEの会長のお言葉

image

SkypeやらとHoloLensの組み合わせなワークスタイルなフューチャービデオ。

image

そしてJulia氏からOfficeなデモ。

image

まずはOffice 365のDelveから

image

Office 365 Videoもありますね。裏はAzure Media Service

image

グループ上のドキュメントやアクティビティを簡単にまとめて見れます

image

ヒューマンセントリックなのですぐ人と連携できます

image

新しいDelveのダッシュボードでは繋がりやアクティビティも視覚的に見ることができます。

imageimage

Outlookで会話ログみたり。

image

OneDrive for Business上のドキュメント(見るだけモードなのか編集モードなのか選びつつ)添付したり。

image

複数人で共同編集もOK

image

モバイルもOK。Swayでデモみたり。

image

Surface Hubで複数人でペンで手書きしたり。

imageimage

お次はBrad氏から。

image

MSのクラウドも多彩になりました。

imageimage

ITに対するアタックも様変わり

image

というのを踏まえてどうするか?認証という前提ありきでOffice 365やSalesforceなど含めてEnterprise Mobility SuiteでWindowsもAndroidもiOSもカバー。

image

デバイス、アプリ、ファイルをIdentityでこちらもヒューマンセントリックでちゃんと保護しよう

image

懐かしいWindows Vista。アプリが実行できちゃうけど、Windows 10はデフォルトセキュアだから実行できません。

imageimage

RMSはiPadでもOK。画面に出力すらできないのでカメラが壇上へw(デモ大変すな)

image

RMSで保護された文書のテキストをコピーしても貼り付けられません。

image

たとえば組織外にメールで送ろうとしても貼り付けメニューがない

image

送信元のメールアカウントを組織内にすればRMSで許可されてるので貼り付けできる。

image

チャットで貼り付けようとしたらほんとにいいの?と確認がでる

image

Azure Remote AppやRDPでLOBアプリもOK

image

面白いのがAzure RMSのTrackingが簡単にできるようになりました!

imageimageimageimage

どんなファイルを共有してて、誰がいつどこでアクセスしてるか追跡できます。漏れてることがわかったらファイルを参照不可にしたり権限取消し!

こちらのAzure RMS Document Trackingは今日からパブリックプレビューです。

image

Azure AD Premiumの機能であるCloud App Discovery(他のアプリケーションなどを接続するための機能)も今日GAです。

image

そして同じく今日アナウンスのMicrosoft Advanced Threat Analyticsは企業内の脅威などを簡単にわかりやすく分析するためのツールです。

imageimageimageimageimage

誰がどこに対してどんなアクションを起こしてたかなど時系列で起きた脅威を観たりすることができます。こちらも今日からパブリックプレビュー。

image

話はちょっと戻ってWindows Update for Business

imageimage

ミッションクリティカルな仕事をするデバイスなどはSCCMやEMSで、もうちょっとエンドユーザーが使う通常のデバイスなどはWindows Update for Businessという感じでしょうか。一般消費者(コンシューマー)は今まで通りWindows Update。

配信リングで優先度に応じて分けたりP2Pで配布したりができるようです。

次はクラウド。オンプレもAzureも境界がなくなります。

image

ちなみに現在のMS Cloud/Azureの利用率

image

しれっとSQL Server 2016もアナウンス。(Keynoteでは流れてないけど、他にもたくさんリリースされてます。後述)

image

Azureを自分のデータセンターでも動かそう、ということでAzure Packが大きく成長したAzure Stackの発表。

imageimage

合わせてWindows Server 2016、System Center 2016もアナウンスです。

image

デモラーはLeff氏

image

AzureぽいPowerShellなコマンドですがよく見るとロケーションがシカゴです。

image

自分のデータセンター上にまんまAzureが!ポータルまでそっくり

image

同じような操作性や機能が提供される感じですね。(もちろんSaaSなどはありませんが)

image

この辺はAzure Packからの流れに違いですがPlanを作ってサービス選んで、、

image

どれぐらいのインスタンス確保するかなど

image

さて、そうなってくると管理が大変になってきますね、ということでMicrosoft Operations Management Suite(OMS)の発表です。

image

まだプレビューですが申し込んでワークスペース作成後、3ステップぐらいでソリューションを追加していきます。

imageimageimageimage

AzureのOperational Insightsに似てますね。

imageimage

接続したAzureの状況が見えるわけです。

imageimage

面白いのはこれがAzureだけじゃなくて、オンプレミスのHyper-VやVMware、AWS、Rackspace、GCEなどの他のクラウドまでまとめてみれるところ

という感じでクラウドはより多彩に、コンピューティングは進化しより多彩なデバイスで。それらを下支えする各製品群などが発表されたキーノートでした。

これらを使って変革やイノベーションのためにITを使おうぜ!という感じですね!

 

その他のアナウンスなど

キーノートでは触れられていませんでしたが他にもたくさん発表があったようです。各Blogを観たりしていきましょう。一部把握してるのを抜粋。

  • Windows Update for Business
  • System Center 2016
  • Windows Server 2016 (既にAzure上で使えるようです)
  • Office 2016 Public Preview開始
  • Skype for Business broadcasting
  • Office Delve Dashboard (Organizational analytics in Office Delve)
  • SharePoint Server 2016
  • Exchange Server 2016
  • SQL Server 2016
  • Azure Stack
  • Microsoft Advanced Threat Analytics (ATA)
  • Office 365 transparency and control enhancements
  • Azure DNS他細かいUpdate
  • Windows Server Containers and Hyper-V Containers
  • Microsoft Operations Management Suite (OMS)
  • Nano Server

おいおい各詳細記事などでてくることでしょう。

 

リンク集

広告

Microsoft Ignite 2015 Keynote」への2件のフィードバック

  1. ピンバック: Azure Update (2015.05.05) | ブチザッキ

  2. ピンバック: Office 2016 Preview が公開されたけど日本語版へのリンクがなかったので見つけてきました | 遅咲きエンジニアのメモ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中