Azure Update (2017.05.12)

//build 2017 もあったことなのでいろいろ大量です。Azure関連はざっくりこちらの公式にまとまってるのでそちら見ても可。

App Service

Azure Functions

Virtual Machines

  • Nested Virtualizationの話が出てました。( //build の Corey のセッションにて)
    15bfb97742452d843527103d
    AzureのRoot OSがWindows Server 2016ベースになることでNested Hyper-Vが可能になることなどが要因です。(サポートされるインスタンスとしてはDv3とかになるのでしょうか?)※なんとも言えない
    Twitter上ではこの夏みたいなことも言っていたようですので期待して待ちましょう。(単にDv3が、かも)
  • More GPUs, more power, more intelligence
    • Tesla P40を搭載した新しいNDシリーズ、それからTesla P100を搭載した新しいNCv2シリーズなどがアナウンスされました。今年下半期あたりにでるようなので期待しましょう。

Virtual Network

Azure Storage

  • Announcing general availability of Storage Service Encryption for Azure File Storage
    • File Storage用のサービス側での暗号化がGAしました。
  • アップデートではないのですが、//build でHot/Coldの切り替えやポリシー、Blobに対してRBACや認証、IPアドレス制御(VNETとか!)、アカウントあたりの最大容量増加(5PB)、Timelineなどなどがアナウンスされていました。

Cosmos DB

SQL Database

Azure Database for MySQL / Azure Database for PostgreSQL

Service Fabric

  • Release of SDK 2.6.204 and Runtime 5.6.204 for Windows, and a preview of what’s next
    • SDKとランタイムのアップデートに伴いもろもろ更新があります。
    • Previewですが次の5.7ではDocker Composeサポートが含まれます。
    • あとは排他的プロセスアクティベーションオプションが増えました。現在のインスタンスとレプリカの共有プロセスホスティングモデルのほかに独自のプロセスで動かすこともできるようです。
    • クラスタノードのOS自動パッチ機能が増えました。
    • Reliable Concurrent Queue で信頼性の高いFIFOなキューをつかえるようになりました。
    • クラスタ内で使用するDNSサービスが増えました。//buildのデモではレガシーなホスト名だけを使用するアプリの名前解決に使ってたりしました。コンテナー間の通信などで活用できそうですね。
    • リバースプロキシも機能拡張されてます。
    • 後は証明書失効リストあたりも改善されてます。
  • Announcing Windows Server Container orchestration with Azure Service Fabric
    • Service FabricでWindows Serverコンテナーもサポートです。
    • コンテナーの診断用にOMS連携やHpyer-V Isolation、ボリュームドライバのマウントサポートなどなども。
  • Monitoring containers running on Service Fabric with OMS Insights and Analytics – Container Monitoring Solution
    • コンテナーの診断用のOMS連携の話。

Azure Batch

  • Batch computing at a fraction of the price
    • 低優先VMというのがでました。がっつり短時間で処理させる必要が無かったりする場合に低優先VMに任せることで最大80%コスト削減ができる感じかな。
    • オンデマンドのVMプールと低優先VMのプールを混ぜたりもできるようです。
  • https://rendering.azure.com/
    • Azure Batch RenderingというのがPrivate Previewのようです。
    • AUTODESK MAYAや3DS MAX、SolidAngle arnoldがサポートされるようですね。まさにレンダリング専用サービス。
  • あとAzure Batch AI Training とかもアナウンスされていました。(Private Previewな感じ)

Cognitive Services

DevTest Labs

Azure Active Directory

Azure Portal / Management

  • Azure CLI 2.0: new commands, features; available now in Azure Cloud Shell
    • ポータル上で利用できる(ブラウザで利用できる)Azure CLIがAzure Cloud Shellとしてリリースされました。(Preview)
    • 今のところCLI(Bash)のみですがそのうちPowerShell版もできそうです。
    • ちなみにポータルログオンしたユーザー専用のコンテナーが割り当てられるようです。(インストールマニアクス方面の人がいろいろHackしてそうな雰囲気w)
    • Overview of Azure Cloud Shell (Preview)
  • Introducing the Azure app (preview)
    • iOSやAndoridアプリとしてAzure Portalにあるような機能が使えるモバイルアプリがリリースされました。そのうちCloud Shellも含まれるようです。

Azure Key Vault

Azure IoT Edge

  • Microsoft Azure IoT Edge – Extending cloud intelligence to edge devices
    • //buildのキーノートでもあったEdgeデバイス上でうごくIoT Edgeです。既存のIoT Gatewayの拡張のようですね。
    • Windows/Linux両方で動作。128MBなRPiとかでも大丈夫な様子。
    • Azure ML、Azure Stream Analytics、Azure Functions、AI(Cognitive Services)、IoT Hubなどなどとのシームレスな展開ができるようになるようですが。
    • 既にStream Analyticsは以前にアナウンスされてますね。

Application Insights

Operations Mangement Suite (OMS)

Azure Security Center

Azure Stack

Bot Framework

  • Bot Framework at Microsoft Build 2017
    • Cortana Skills KitやSkype for Business、Bingといったチャンネルが追加されました。
    • Adaptive Cardsが追加されました。
    • Bot Paymentが追加されました。
    • Cortana連携が増えてるのでいい感じですね。
    • あとはLUISやSpeech周りの拡張、ドキュメント拡充、Bot Analytics、公開フローの改善

      Azure Bot Service V.Next(!?)などなど。

Regions

Tools / SDK

その他

その他 (//build関連)

その他 (//build関連でAzure以外など)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中