Azure Update (2018.09.27)

Ignite初日分から漏れたり更新された分ですね。たくさんあります。(前回書いたものに関する追加情報はその他参照)

Virtual Machines

Virtual Machine Scale Sets

Service Fabric

  • Azure Service Fabric updates at Ignite 2018
    • Windows Server version 1803でマルチテナント機能がサポート。
    • Service Fabric Meshでオートスケールがサポート。Windows Server 1803もサポートです。
    • State StorageでJavaと.NET Core両方もサポートです。

Azure Container Instances

Virtual Network

Azure Storage

  • アナウンスはないけどIgniteのセッションから。ZRS/GRSのフェイルオーバーをコントロールできるようになるようです。
    image
  • Premium Blob StorageとHigh Throughput Blobの話。
    image
    image
    Premiumの価格はこちら
    image
  • StorageのMetricsをAzure Monitorで統合。GA Now。
    image
  • Archiveが日本にもきました。
    image
  • IoT EdgeやData BoxもBlob Storage API経由でアクセスできるように。
    image
    image
  • BRK3292 – Azure Blob Storage: Build secure, scalable cloud applications

Cosmos DB

SQL Data Warehouse

Stream Analytics

Cognitive Services

Azure Site Recovery

Azure Monitor

Azure Service Health

  • Get notified when your Azure resources become unavailable
    • Azure側でリソースが利用不可になったと判断されなくても(プラットフォーム側の問題と確認されなくても)リソースが利用不可になったらすぐに通知されるように設定可能になりました。
    • またリソースのアクティビティログに正常性イベントが保存されるようになりました。

Azure Active Directory

Azure Stack

Cloud Shell

Azure Security Center

Azure Advisor

  • Azure Advisor has new recommendations for you
    • SQL Data Warehouseのテーブル統計の作成や更新、Blobストレージでのソフトデリート、StorageアカウントのARM移行など新しいレコメンドが増えました。
    • VMのブレードにも統合されてます。
    • EAのCost Managementにも統合されてます。

Cloud App Security

Power BI

Azure Governance Services

  • Get speed and control with new free Azure governance services
    • ガバナンスを効かせるためのサービスあれこれまとめた感じかな。Azure PolicyやAzure Management Group、それからAzure Blueprints。Azure BlueprintsはAzure Policyのポリシーやロールなどの定義と割り当て、対象リソースグループやARMテンプレートなどをまとめてパッケージングして簡単に展開・管理できるようにしたもの、かな?
    • Azure Resource Graphはリソースを検索するためのAPIかな?Governanceの要件に基づいて検索したり結果をポリシー化したりとか。クエリー言語はKQLです。Azure Data ExplorerやLog Analyticsもそうですが(多少方言はありそうですが)この手のクエリーはKQLが基本な様子。たしなみとして覚える必要がありそう…

Management

  • Announcing the EA preview release of management group cost APIs
    • Management Group Cost APIがEAでも利用可能になりました(Preview)。
  • Azure Deployment Manager now in public preview
    • Azure Deployment ManagerがPublic Previewです。ARMの新しい機能セットですね。
    • ARMに新しい概念としてサービストポロジーやロールアウトが追加されています。
    • サービストポロジーはARMテンプレート・パラメーターを1つのサービスユニットとして扱いそれらをまとめてトポロジーとして管理できる機能です。
    • ロールアウトではリージョンまたがっていたり、サービスユニット間で依存関係を設定したりすることでより大規模な構成でも破綻なくデプロイできそう。
      またステップを記述することで順序を指定したりデプロイのヘルスチェックや待機、カスタムコードの実行が可能になります。
    • 今のところ要申し込み。こちらのセッションも要チェックですね:BRK3390 – How to reduce DevOps risks with Azure Resource Manager

Portal

Tools

その他

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中