//build/ 2016 Day 1 Keynote

というわけで //build/ 2016 Day 1 Keynoteです。
例によって適当にまとめますね。

WS000001

なおAzure絡みのUpdateは後程まとめたりする予定。本命はDay 2な気がするけど。
キーノート見るのかったるいって人はせめて最後の動画だけでも見てもらいたいところです。

というわけで本編。最初はCEOのサティア氏から!
WS000003

社会とテクノロジーのお話。からのMicrosoftのミッションについて。
WS000008WS000009

もっとパーソナルコンピューティングを、ビジネスプロセスの改革を、Intelligentなクラウドプラットフォームを作ろうという感じ。
WS000011

今日の、今回のBuildのテーマはIntelligenceかな。これらを実現するために必要なものを(パワーを)開発者に与えるというのが直近のMicrosoftのミッションとも言えるかも。

で、最初はWindows 10な話題。
WS000012
WS000013

Conversations as a Platform。プラットフォームとしての対話をどうしていくのか、というところがメインになります。
ということで次はTerry氏から。
WS000033

キーボードやマウス、タッチからジェスチャーや音声、出力もホログラフィックへ
今や270MillionなデバイスがWindows 10を使ってる感じ。
WS000034
伸び率もWindows 7や8を大きく超えてます。
継続的にリリースされてるわけですが、夏には大きなUpdateがあるらしい。(事前に1607だとか言われてたやつ)

ということでUWPな話題へ。Windows Hello、ペンデバイス、XBox、HoloLens、Cortana、これらがUWPで統合的に動きます。

で、Windows Helloとペンのデモ。いつもの陽気なBryan氏ですw
WS000040

夏にUpdate予定の更新をちょいだし。(デモPCのビルド番号は14306らしい)

速度あがったWindows Hello。Edge上でWebページのパスワードでも使えます。
image

でペンで書いたメモをCortanaに認識させる。で、付箋の内容をCortanaに理解させてアラームを追加。
image

でアプリ上で定規をだしてまっすぎな線を引くw
WS000049

次はMap上で。手書きルートを3Dに載せてみたり。
WS000057WS000058

Word上で適当にマーカーしてもきれいにまっすぐなるw
WS000060

PowerPoint(UWP)でも定規w
WS000061

イラレでも雲形定規使ったり。
WS000064

という感じでかなりスムーズになったInkでした。

またUWPな話に戻って。

UWPのストアは5 Billion以上の訪問ありまする。
ボーイングの事例な話(ビデオ)。
WS000087WS000092
UWPなアプリ活用してます。

次もいつものKevin氏からデモ。
WS000096

綺麗なUI(エフェクトとか)
WS000102WS000099

Ink周りはInkCanvas、InkToolbarコントロールで簡単に?
WS000104WS000105
定規もInkToolbarだったんですかね…(簡単に実装できそうですね)

というわけでVisual Studio Update 2も今日リリースです。
WS000108

Hosted Web Appsも今日すでに使えます。
WS000109

そしてBashがWindowsにきたぞ!
WS000110WS000111

デモは最初はブラウザで見えるアプリがそのまま動くHosted Web Apps。
WS000112

次にBash。
WS000114

Emacsも動くよ!
WS000117

Hosted Web Appsからカメラも動く、Bash・SSHからコードいじって反映
WS000118

次はWin32な話題。Desktop App Converter!
WS000120

Converterを実行するとUWPなアプリパッケージが生成されるようです。
WS000121WS000123

トーストとかも使えます。
WS000125

これで16 Billionを超えるといわれるWin32/.NETアプリがUWPに持ってこれそうですね。
WS000128

各プラットフォームのネイティブAPI、UIの間にShared C# Codeを。
WS000132WS000133

Windows以外はXamarinで。すべてをVisual Studioで開発できます。(なおXamarinに関するあれこれ話は無い)
WS000135WS000136

再度メッセージ。Windows is home for Developers.
WS000129

次はデバイスな話。
WS000138

ゲームとHoloLensあたりにフォーカス。
Forzaですね。UWPでもできるようになってました。
WS000147WS000153

Windows 10はゲームデベロッパーにとってベストプラットフォームですよっと。
WS000152

オープンでエコシステム。UWPでWin10もXBoxも。
WS000156

そしてAoEのデモww
WS000158WS000160

次はWithcer
WS000161

Developer ModeがActiveになったXBox。XBox Deb Mode!
WS000164WS000165WS000166

Visual StudioからリモートデバッグもOK.音声認識なども可(英語だったけど)
WS000169WS000170WS000171

WS000172WS000173

という感じで記念的なUpdate!という話でした。
WS000176

UWP、ストア、Crotana、バックグラウンドミュージックなどがWindowsでもXBox Oneでも使える!
DirectX 12でグラフィックのポテンシャルも引き出そう!
WS000177WS000183WS000184WS000185
WS000189

次はキップマン!といえばHoloLensですね!
WS000192

今日から開発者エディションを一部のパートナー企業と開発者へ提供開始です。
WS000195

パッケージも!
WS000197WS000198

先行事例としてJALとか入ってますね。
WS000215

実際に会場でのデモ。人体の内部を透過でみたりリモートで操作したり。
WS000216WS000219WS000220

2名(+リモート)で同じ情報(場)を共有してるのが面白い。
WS000223

動画はNASAのやつ。Distination: MARS
WS000232WS000241

そのほかの使い方的な動画。
WS000251WS000257WS000259

WS000279

またサティアに戻ってきました。Conversations as a Platform。
WS000282

MSのアプローチとしては3つ。
WS000284

そしてPeople、Digital Assitants、Bots
WS000285

Botは新しい、人間の言葉(文脈)を理解する新しいUI、デジタルアシスタントのメタアプリ。
WS000286

次はCortanaのデモ。マルチプラットフォームなCortanaです。
WS000288

ロックスクリーンでもCortanaうごきます。サイエンスジョーク教えての答えとしてバットマーン
WS000290WS000291
WS000292WS000293

微妙に歌(?)ってました。

文脈理解してOutlookと連携するCortanaさん
WS000295WS000297WS000298

Androidでも。
WS000300

Cortanaのアクションを拡張できるようです。
WS000301

Conversation Canvasesということでいろんなアプリ、プラットフォームがあります。Skype、SMS、LINE、Slack、あと話題(?)のkik。
WS000302

デモはSkype。
WS000304

Cortanaにプライベートメッセージでやりとり。音声入力して予定を追加したり。
WS000307WS000309WS000310

で、そういうことができるSkype Bot PlatformなSDKも提供です。
WS000311

もちろんマルチプラットフォーム。(Windows、iOS、Android)
WS000312

開発者に力を、というのは変わらないメッセージですね。
WS000334

そんな中でBOTを作ろう! みんなBOT作れるよ!
WS000336

どうやって? Cortana Intelligence Suiteで。
WS000337

Bot Framework, Cognitive Services, Machine Learningが柱。

というわけでデモ。
WS000339

Microsoft Bot Frameworkを使ってサンプル作るよ。
WS000340WS000341WS000342

ドミノピザBotね!(BOTの実行はたぶんAzure上で、C#以外にもNode.jsとかで開発できるらしい)
WS000344

次はBot Intelligence
WS000345

BOTも賢くないとだめだよねということで。
まずはルールベースの自然言語理解
WS000347WS000348

次は機械学習ベースの自然言語理解
WS000349WS000350WS000351

なんかすごいですね!これだけの手間で学習させていくことができます。
今まで自前で解析・学習させてた手間がなくなるかもですね!

次はCognitive Services。もともとProject Oxfordだったやつぽいです。
WS000354WS000356

今日から無料で使えます。
写真をアップロードするとキャプションをつけてくれます。
WS000358
で、そういうBOTなサンプルサイトも。
WS000359WS000360WS000361

あとは音声解析とか。
WS000362

Twitterのプロファイリング(分析)
WS000363

つぶやき(テキスト)の気分や性別を解析したり。

最後は。可能性を想像しよう。

WS000365

盲目の男性デベロッパーの日常。
WS000368

でもSmartグラスをさわると映ってるものが取れて解析して音声で案内したり
WS000369

会話している相手の情報をアナウンスして手助けしたり。
WS000373

レストランでメニューをとって解析して注文。
WS000376WS000377

架空の話ですか?いいえ、今現在の実際の話です。
WS000380

この男性はMicrosoftでデベロッパーとして働いています。このソリューションはMicrosoft Researchが作ったと思いますが、このSMARTグラスとこれまでのデモで出てきたようなAPIや技術を使って実現してるわけです。

この最後の動画で実現されてる世界を目指すためにMicrosoftは頑張ってきてるのかなと思う一面です。
ITでできること、Microsoftがそのために何ができるのかというところの一端が垣間見えましたね。

という感じで大きな拍手でもってDay 1のKeynoteは終わりです。

私的な感想

というわけで1日目のKeynoteが終わったわけですが、裏のこまごましたUpdateや一部で話題になった定規とかはさておき地味という印象が強かったんじゃないでしょうか?
大きなアナウンスはぱっとみないし、デモはなんか地味だし、、実際セッションリストみても基礎的な話が多そうです。(新しめの話が少なそうという印象で)
ですけど、メッセージとしてのConversations as a PlatformやIntelligence、しかも自然言語で(音声で、テキストで他)というのを掲げてそこに至る道具をそろえてきた感じはあります。裏側の仕組みや表現する方法、場など。
Googleなども研究したり実際APIを出してきてるわけですが、統合的なプラットフォームとして使えるパーツを今の段階でだしてきたというところに大きな意味があるのかなと思いました。まぁ表面上は地味です。言葉だけでみると今の時代にBOT!!ってなるわけで…どう賢くしていくか、Intelligenceを感じられるかは開発者にかかってるのかも。
あとは言語問題になるとどうしても日本語はどうなのか・・・というところがひっかかりますが、そういう点も含めて今後に期待ですね。

まぁまだまだ全然足りない!という部分は多々ありますけど、なんとかいいものに育ってほしいなぁと思う1日目でした。

とかいろいろあるんですけど、言いたいことはいつからでも始めるのは遅くない、今日から未来のために一歩進めよう、という一言に尽きるかと思います。

Microsoft Cognitive Services: Introducing the Seeing AI app

//build/ 2016 Day 1 Keynote」への3件のフィードバック

  1. ピンバック: //build/ 2016 Day 2 Keynote | ブチザッキ

  2. ピンバック: //build/ 2016 Day 2 リンクとか Azure Update とか (2016.04.01) | 一般人なぶちぞうの1年に1回気が向いたら更新する程度のただのブログ

  3. ピンバック: Build 2016 まとめ | S/N Ratio (by SATO Naoki)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中